2007年01月13日

どうして犬なの!ヤギでないの!!!

山口県のあるところに、関東からやってきて田舎暮らしをはじめたご家族がありました。ヤギを飼うかなあと勝手に期待していると犬を飼いはじめました。以下は、これを伝え聞いたまちに住むヤギ好きの感想です。ヤギ好きはこんなことを考えているんだよ、という程度に軽くお読みください。
もちろん、そのご一家を非難しているわけでは、まったくありません。

「人のことだからわたしがとやかく言うことではないけれど、なんというのかなあもったいない、惜しい、損をしている、どうしてそんな馬鹿なことができるかなあと思ってしまうのよね。いえ、もちろん、人のことだからわたしがとやかく言うことではないのは、わかっているのよ、でも、子どもが可哀想でないかしら、せっかく山羊を飼える環境なのに、都会でもできる犬を飼ってうれしがっているなんて、それああ、犬だってまちでは大変よ、まだアパートなんかでは犬と住めないところが多いものね。でも、田舎の一軒家でしょう。隣に迷惑をかけるわけなら別だけど、・・・まあ、子どもが5人もいるの・・・まあすばらしい。うらやましいわね。だったら、やっぱり山羊も飼って子どもで面倒みた方がいいと思うなあ。

「自分の希望を人に押しつけるのがいけないことはよくわかっているのよ。でもひとこと言わせてもらえばねえ、わたしは、子ども数人引き連れて、ヤギの散歩をやりたいの。そうね、ヤギは5頭か10頭くらいほしいわね。もちろん子ヤギも、親ヤギもいるわよ。それがね、わたしの合図で、一斉に走り出すの。原っぱもいいけれど、県道とかちゃんとした道路よ。1キロ2キロは、どんどんきゃあきゃあメーメー走るの。そして、疲れたらゆっくり歩くのよ。え、車の心配はって?・・・それはね、車の方が気をつかってくれるのよ。徐行したり、脇に寄ったり、待っていてくれたり、・・・それはね、その地域がヤギの里だから、みんなが、暗黙の合意で笑ってそうしてくれるのよ。まあ、ヤギの散歩アワーというのが設定されていてね、どこの家からもヤギと子どもが出てきて、毛並みや色や角や乳房を自慢しあう時間でもあるのよ。耳も大事なポイントよ。鼻の染みとかも案外評価を左右するわね、たしかに。ヤギは眼と鼻だ・・・これ、へちまや説だった?

「スイスのどこかにそんなまちがあって、たしか観光用にヤギが繰り出していたようだ、ですって?そりゃあ、あたしだってそれくらいは知っているわよ、それはでも、スイスの話でしょう。スイスに移り住む?チーズ講師の弘重さんならドイツ語ができてチーズ職人の職があるからいいでしょうが、わたしは日本でそうしたいなあと思っているのよ、それもありそうな信州だとか知られたところでなくて、・・・湯布院?、うん、有名すぎてイマイチね。「ヤギを飼うなら山口県、ヤギの日本一過ごしやすい山口県」・・・これって県のコマーシャルのコピーよね。ちがった???ヤギでなくて人だって、・・・へちまやさん、嘘を教えてはだめじゃあないの。
でも、ヤギが過ごしやすいなら当然人も暮らしやすいはずよね。除草剤のかわりにヤギの除草、農薬の混ざらないおいしい草。その乳。

「わたしはねえ、なにも犬に反対しているんじゃないのよ。犬もいいでしょう。猫も賛成よ。でもねえ、ヤギを飼えるところでヤギを飼わないのだったら、もったいない、損をしている、惜しい、どうしてそんな馬鹿なことができるのかと言っているだけなのよ。いえね、人のことはとやかく言えないことはわかっているのよ。はいはい・・・ヤギがマイナーだってことも、知っていますよ。行政が補助金を出したら住民が反発する、それはそれでいいのよ、行政はタッチしてくれなくていいのよ、邪魔しなければ。でも個人で飼って、そんな人が集まって、ちょっとヤギのことなら遠慮しなくてよくて・・・そんな村が全国にあっていいんのではないんですか、ヤギもヤギ好きも肩身の狭い思いをしなくてすむ村よ、そのことを言いたいだけなのよ。

「・・・えっ、そんなところがあれば移り住むかって?それはするわよ、いますぐにできないけれど、将来の計画に入れるわよ、彼だって絶対賛成よ、あたし協力だって惜しまないわ・・・え、計画があるって、本当!!!!!」

                            (続く)

筆記者は、わたし、へちまやでした。
削除したところはありましたが追加はしていません。


人気ブログランキングに参加中(環境部門)
応援のクリックをお願いします。

posted by 村のトイレ屋 at 11:29| 山口 ☁| Comment(8) | TrackBack(2) | 山羊・羊とチーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
行政はタッチしてくれなくていい、邪魔しなければ^^
そのとおりですね。
ヤギの散歩アワー、素敵。
夢じゃなくて、現実のものとして想像できます^^
楽しくなってきちゃいました。
わたしはやっぱりヤギの一族の末裔。
仕事は、ヤギ好きをふやすこと!
つづきを楽しみにしています。
Posted by はたかおり at 2007年01月13日 13:43
コメントありがとうございます。
こんな人がいるなんて、
気持ちがなぜか落ち着きますね。

銀座や渋谷などならさしずめヤギの歩行者天国
ですね。全国からヤギとヤギ好きが集まって、
自慢しあいながら、ぶらぶら歩く。いいでしょうねえ。
500頭くらいならなんとか集まるのではないでしょうか。
でも道路使用許可とか手続きが大変で主催する人は、
ストレスで疲れきるでしょうね。
ヤギだって何がうれしくて、渋谷ややねん
と文句いうでしょうね。
(言わないかもしれない・・・)

田舎なら、ヤギと連れて歩く子どもさえいれば
毎日できます。野菜の畑に手を(口を)出さな
いことを注意するだけでしょうか。

続きは、また書きます。
Posted by へちまや at 2007年01月13日 15:39
ヤギ。。私は
少しでも のどかな地域に移り住むと
即座に「ヤギ飼いたい!!」と言ってしまいます。 娘もびっくりで、、。
「ママ〜、ここでもヤギ飼えるの〜??」って。
笑。

ハ−ブ園のヤギに勝手に「ユキちゃん」って名付けてしまう私でもあります。。

ユキちゃんは、アルプスの少女ハイジが仲良しだったヤギさんです*

んん〜〜。。☆
ヤギ。。飼いたい☆☆☆

ベランダでも、、(汗)

Posted by junko at 2007年01月14日 00:35
私が住んでいる部落で、私が子供のときからある家(すべて農家でした)が8軒、
新しく移り住んできた家が9軒あります。この9軒のうち、
8軒で犬が飼われています。昔農家の8軒では全く飼われていません。

何故でしょうね? 前から不思議に思っていることの一つです。
Posted by みのかさご at 2007年01月14日 04:49
>みのかさごさん
おもしろい現象ですね。
きっと、広い土地のある家に住んだら
犬を飼おうとみなさん思って移っているんでしょうね。
前から住んでいる人は、犬を飼える
ありがたさをあまり感じていないのでしょうか。
犬に変わってヤギがかわれる時代がくるでしょう。
Posted by へちまや at 2007年01月14日 05:54
junko さん、
mixi のjunko さんですね。
よろしくお願いします。
わたしもしばらくは、ヤギをみると
ユキと名付けていました。
「そこに行けばヤギがいる」
「ヤギについて遠慮はいらない」
「ヤギのことならお任せ」というような
地域が出来るといいですね。
しかもテーマパークのような、あるいは
牧場のような区切られた区画だけでなく
(それもあってよいが)
集落中・地域全体がそうであるような・・・まずは、
その地区に入ると白いものが点々とみえるという
ことからスタートでしょうか。

Posted by へちまや at 2007年01月14日 06:02
 ヤギが犬になったのはわけがありまして、動物に対するやさしさですかね、都市に住んでいた因縁が持ち込んだものですね。家族はヤギを飼いたいと言っています。そのうち飼いはじめるでしょう。
 そんなことを思いながら、ヤギの村づくりは「けっこうはやくすすむんじゃないか」と思い始めています。なぜなら、ヤギを飼いませんかというと、「うんええよ」と簡単に引き受けてくれる人がいたからです。そんな話を横で聞いていた人が、ヤギは「くずま(葛のこと)も食うかね」と聞いてきて、よく食うというと「うちにも一つ頼む」と、さらに「オスでも雌でもええ、二つおってもええ」といい始めました。ちょっと酒の勢いかと思いましたが、「いあや昔はうちにもおった」と。そういやあ、40年前なら村のあちこちにいましたねえ。犬を飼うより抵抗がないのが村の人かもしれません。おまけに、人も家畜もいなくなった村には、「草や藪、竹」が押し寄せています。それを抑えてくれるヤギは、犬より重宝かもしれません。そのうち、わが村を犬よりヤギが多い村にしたいですね。ちなみに私は、戌年ではありません。もちろんヤギ年でもなく、イノシシ年の年男です。イノシシを飼おうとしたこともあります。豚を山で飼って、イノブタができちゃったこともあり。今度はヤギですが、いまは子をかうのが精一杯で、人にヤギをすすめながら、自分で飼っていない心苦しさを覚えています。きっと、話題の家族も同じ種類のジレンマでしょうね。
Posted by みやきん at 2007年01月14日 07:02
犬を飼いはじめたご家族も
1日も早く落ち着いて、ヤギを飼うようになれば
いいですね。

ヤギの村、ヤギの遊ぶ里、
それはきっと人も楽しくなるところです。
つくりあげたいですね。
自分では飼えなくても預けるとか
協同で面倒をみあうとか、
そんなことも考えられますよね。

Posted by へちまや at 2007年01月15日 08:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

弥富に山羊をふやし山羊チーズをつくる
Excerpt:  弥富で山羊を増やそうという取り組みを進めています。 現在弥富にいる山羊は、河内に4頭、下谷に1頭、合計5頭います。河内の2頭は田別当で飼ってもらうことが決まりました。 ..
Weblog: 弥富情報室ブログ
Tracked: 2007-01-15 22:45

【田舎暮しのための節約と投資】へようこそ♪
Excerpt: はじめまして!当ブログ管理人のペスと言います。 このブログを通して皆さんの田舎暮し進出を応援させて頂きたいと思っていますので 末永くお付き合い頂ければと思います。 さて、それではこのブ..
Weblog: 田舎暮しのための節約と投資
Tracked: 2007-02-21 04:12