2013年01月09日

2月2日、長生炭鉱追悼碑 完成記念行事

長生炭鉱の”水非常”を歴史に刻む会から記念行事の案内がありました。
追悼碑建設に向けた関係者のみなさんのなみなみならぬ努力に感謝と敬意を払い、掲載させて頂きます。宇部市のピーヤの見える位置に立てられた碑が、韓国・朝鮮の人々との未来の架け橋になることを願います。

長生炭鉱について、1月4日、浜野さんの証言を聴く会が行われました。
また、記念碑建設の経過を書いた会報(長生炭鉱 おたより)47号を参考にアップします。
会報には、宇部市との交渉が今までに公表されなかったことを含めて書かれています。
私自身は、次の文章に目が釘付けになり、深い感銘を覚えました。

小畑太作さん 「宇部市行政と追悼記念碑」から引用
==========
会を終えた翌日、慣例となっていた韓国遺族による市役所への「表敬訪問」が行われた。懇談の終わりに、犠牲者を父にもつ全錫虎(チョン・ソッコ)さんが、協力の姿勢を全く見せない宇部市行政に憤り、席を立ち上がると、市長代理の健康福祉部長へと歩み寄った。一同が息を飲んで見守る中、おののく健康福祉部長に全さんは、しかし、右手を差し出して握手を求めたのである。そして日本語でこう言った。「協力して下さい。」
==========引用終わり===================
全文を是非お読みください。アドレスは文末に書いておきます。


記念行事の要項は下記の通りです。

追悼碑完成記念
長生炭鉱水没事故71周年
犠牲者追悼集会

2013年2月2日(土)

除幕式 11:00〜12:00
ところ:床波漁協前 追悼碑建立地
追悼碑建立除幕式と韓国遺族による追悼式

追悼集会 14:00〜16:30
ところ:宇部市シルバーふれあいセンター ふれあいホール
遺族による証言 朗読劇『アボジは海の底』上演など

祝賀会 18:00〜20:00
ところ:国際ホテル宇部 桃花林
会費:5000円 事前に事務局へ申込を

主催:長生炭鉱の”水非常”を歴史に刻む会
事務局:〒755-0031 宇部市常磐町1-1-9 宇部緑橋教会内
電話:0836-21-8003
mail:chouseitankou★me.com ★を@に変換してください。
http://www.chouseitankou.com/



参考1:1月4日 長生炭鉱水没事故に関する証言を聴く会〜「いのち・未来うべ」副代表の浜野勝さんのおはなし
http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/80835967d1edba513577ef9b2e00469a

参考2 「刻む会  おたより47」
長生炭鉱tayori47.pdf







posted by 村のトイレ屋 at 00:05| 山口 ☀| Comment(0) | 行事の予定:遊び、学び、遊ぶ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。