2013年01月04日

今日は、金曜ウォーク+市民研究会、今年一回目でした。

今日は、毎週恒例の金曜ウォーク@宇部。
風邪を引いている人がいて、いつもより少なく15名。
でも、元気に年賀の挨拶を交わして、提灯や小さなプラカードを持ってスタート。

途中2箇所で、スピーチ。
安倍首相の「事故なない新しい原発」発言への批判が中心でした。
また、上関原発計画地の田ノ浦は、縄文遺跡の宝庫であることが報告されました。

この日のいのち・未来うべのニュース(bP0)は、宇部市民活動センター「青空」で置いてありますので、是非御覧ください。

なお、今年は、あさこはうすへハガキを書くつもりだと発言しました。
住所などの質問があったので、以下に書いておきます。

〒039-4601
青森県下北郡大間町大字小奥戸396
あさこはうす 
小笠原厚子様

@あさこはうす
http://asakohouse.cocolog-nifty.com/blog/


その後、いつもの緑橋教会で脱原発市民研究会を行いました。
放射能のごみ:高レベル核廃棄物の処分の不可能なことを動画でみて討論しました。
2本みましたが、テレビでもいい番組を作っているのだ、と感心しました。
それにしても、福島の事故でさらに増えた放射性廃棄物をどうするのか、
原発推進の立場をきっぱりと断ち切ったところから、立ち向かっていかなければならない課題だと考えました。
原発推進の立場から核廃棄物を増やしながら解決不能を承知で、新しくつくったり増設したり、再稼働するなどとは、とんでもないことだとあらためて思いました。

原発に頼ってやってきた社会の未来世代へのツケが、放射性廃棄物=核のゴミです。
まず、これ以上絶対に増やさないこと。
そのことをはっきりさせてから対処すべきだと考えます。

また、討論の中で、みなさんから今度の選挙の敗北をどう乗り越えるか、様々な意見が出されました。
脱原発勢力は、十分に時間をかけて軸をつくるべきだ、急ごしらえでは勝てない。
安倍内閣は、原発だけではない、憲法改悪・自演隊の防衛軍化、徴兵制などと重なる最悪の政権だ。
またマスコミに操作されたことを真剣にとらえてマスコミ対策を考えるべきだ、などの意見でした。

年末年始、みなさん、考えたり話し合ったりしたのでしょう。
私もずいぶん考えこんでいましたが、それでも「これだ!」という名案はまだありません。
まだまだ、何故負けたのか、どんなことができるか、という意見の出し合いの段階だと感じました。

どうしたら、原発に頼らない社会をつくることができるのか、
どうしたら政治的な選択として脱原発を決めることができるのか、
どうしたら脱原発勢力が決定権を握ることができるのか。

さらに考え論議したいと思います。
















 

posted by 村のトイレ屋 at 23:14| 山口 ☁| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。