2012年12月18日

21日、金曜学習会は、上関公有水面埋立て延長許可の問題を考えます。

各地で選挙総括や論議が盛んに行われていて、脱原発の市民の運動はますます燃え上がりそうでうれしいですね。
まとめや現状の把握もきちんとしないといけないのですが、
まずは、山口県民にとって、いちばん影響があるのが上関原発計画の再開の問題です。

中国電力は、10月5日に公有水面埋立の3年間の延長申請を出しています。
山本山口県知事は、国のエネルギー政策に従うと言って、政権交代後には公有水面埋立の延長許可を中電に出すことを否定して来ませんでした。
「延長を認めることはできない」とする二井前知事の方針を継承すると知事選の中では言っていたにもかかわらず、即刻不許可の決定をせず、中電に事務的な質問をしてズルズルと時間を稼ぎ、あたかも政権交代と国の方針転換を待つかのような態度をとってきたのでした。

安倍自民党総裁は、補正予算を見直すと言っています。
「再稼働と原発推進」は、前々から言っていることです。
手続的には、申請後3ヶ月の来年1月5日が、タイムリミットでそれまでに延長許可申請を認める可能性があります。

そこで、毎週行っている金曜ウォークとその後の学習会を、急遽、上関原発計画の公有水面埋立てをめぐる事実関係の学習にあてることしました。

みなさん、暮のご多忙なときに大変ですが、何も知らないまま手をこまねいて、新年を迎えるわけにはいきません。是非、ご参加ください。
講師は、ほぼ30年、上関原発に反対して事実の究明に力を注いでこられた上里恵子さん(下関市在住)です。急なお願いに快諾していただきました。


    脱原発市民研究会 

とき:2012年12月21日(金) 午後7時〜8時半 
    (今回は30分延長します)
ところ:宇部市 緑橋教会 
演題:「政権交代と上関原発計画〜公有水面埋立て許可問題をめぐって〜」
講師: 上関原発計画の根っこを考える会  上里 恵子 さん
主催・問合せ:いのち・未来 うべ (旧、小出裕章さんのお話を聴く会)
      TEL080-6331-0960 (安藤)
学習会だけ参加でも構いません。







posted by 村のトイレ屋 at 12:31| 山口 ☁| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。