2012年12月02日

飯田てつなりさん、県知事へ申入れ。公有水面取り消し(不許可)急ぐように!政治的約束を守るように!

みらい・山口ネットワークのニュースから
http://www.mirai-yamaguchi.net/pg475.html

上関原発の計画再開を狙っていることを県民は、疑っている。
その疑問を飯田てつなりさんが、県庁にぶつけた。
政治的な問題をテクニカルな質問をすることで、県は、時間引き伸ばししているのではないか。

山本県知事は、脱原発依存は当たり前、上関は凍結といってきた。
ズルズル伸ばして、国のエネルギー政策の変更を待っているのだ。

今度の衆議院選挙は、脱原発を国民の選択として決めてしまうことだ。
はっきり、曖昧さを許さない国民の選択をしたいものだ。

この日、飯田さんは、自身が代表代行を務める「日本 未来の党」の発足の経過についても記者の質問に答えた。

必見動画。

posted by 村のトイレ屋 at 09:55| 山口 ☁| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。