2012年07月13日

なんでも楽しみに変える才能。選挙のポスター貼り。

山口県知事選、
はい、長州戦争です。
維新の帰趨がかかっていますよ。
原発の廃炉、再稼働阻止もかかっていますよ。
そうです。全国注目の選挙です。

そんな選挙のポスター貼り。
そうでなくても、告示日のポスター貼りは、100m競争のスタートよりも神経を使い、一分一秒の速さを競うものだそうです。
「雨が降ったら時間を下げてやむのを待ちませんか」と昨日の準備のとき気楽に提案したら、
「なんという根性のないことだ」という顔をして、選挙慣れしている人に睨まれた。
でもまあねえ、私らの選挙は勝手連だから・・・のんびりでもいいのではないかとと思いつつ朝を迎えた。
幸い、天気予報は大きく外れて、雨は降らず、それ以上の論争にはならなかったが、私のウワテをゆく人がいた。
選挙ポスターでつらつらと見ていたら、こんなサイトがあった。
ロゲイン感覚でゲームをしたように楽しかった、と書いてある。
しかもよく読むと我が、飯田てつなり陣営ではないですか。
ロゲイン感覚とは、地図に記された地点である指示(写真を取ってくる、自転車で通過する、宝を探して来るなど)に従い、その時間を競う競技だという。
選挙のポスター貼りは、まったくそのゲームだ。
市内約400箇所。全部まわってポスターを一枚一枚、掲示板に貼って来る。
どうせ競争なら楽しくなくっちゃという精神。

なんでも楽しい遊びに変えてしまう人。
いいなあ、多様な人の参加する選挙。

勝手連的な横組み選挙の良さだと思う。

参考70億分の1のつぶやき

ロゲインゲーム感覚で貼りました
http://ameblo.jp/nabezo33/entry-11301010378.html


posted by 村のトイレ屋 at 00:20| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。