2012年06月19日

飯田哲也さんと語ろう!7月1日 宇部市で講演会が決定!

飯田哲也氏と語ろう!
〜自然エネルギーと若者の雇用〜(仮題)

とき:7月1日(日)午後1時半開場 2時開演〜4時半
ところ:宇部市文化会館 3F 文化ホール
入場無料
お問合わせ 080-6331-0960 (安藤:小出裕章さんのお話を聴く会)
メール ando-maipenrai★nifty.com
 ★ を @ に変えて送信して下さい。
主催:飯田哲也講演会実行委員会


なお、7月2日(月)午前、午後の2回小規模ですが、女性限定の飯田さんを囲む会があります。
また、7月には下関市でも、若者のグループが講演会を企画しています。
勝手連(注)の動きが始まりそうです。いずれもスタッフを募集しています。
(詳細は、明日にでも)

緊急に決まりました。
ネット媒体を持っている人、大拡散をお願いします。
紙にして配ってくれても、口コミで伝えていただいてもありがたいです。

静かな中に語られる熱意と信念を伝えて下さい。
氷のようにしらけた心を熱い思いで溶かしましょう。
投票に行きましょう。
選択肢を多くもって判断しましょう。

(注)勝手連  かってれん
主に若者が人物の熱意に惚れ、信条に賛同して自主的草の根的に巻き起こす運動形態のこと。神輿(みこし)を勝手に担ぐ祭り的要素もある。担がれる人が識見と熱意、知勇兼備の人でないと起こりうるものではない。最近は絶滅していないが、希少価値があり、山口県は、類まれな人を得て千載一遇の機会を迎えているといえる。(へちまや編現代用語辞典)




参考:飯田哲也さんとShing02さんの対談
http://ustre.am/:1rHkU

「地域の中に普及させるためのソーシャルモデルをつくる必要がある」
「地域独自のルールづくり」
などが、語られています。
昨日、今日思いついたものでないことがわかります。

また、50分過ぎに
「戦後レジームの岩盤が壊れる」
「若い人の変革の力」
「部分的、ローカルでも、目に見えるかたちをつくることが大切」と語っています。

自然エネルギーの研究と集積、雇用の創出、全国からの注目と集中が十分期待できます。

この動画をみて質問の内容を準備して、7月1日、宇部市文化会館に集まってください。




posted by 村のトイレ屋 at 11:06| 山口 ☔| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。