2012年03月13日

がれき受入に反対!埼玉から北九州市に避難している女性から。

埼玉県から北九州市に避難されている女性のメールを紹介します。
昨日12日の北九州市議会の傍聴を訴え決議を止めるよう呼びかけた文章です。
3月11日の北九州市で行われた脱原発行動の日の夜に書かれたものです。


私も、同じ危機感をもっています。

昨日12日の北九州市議会の決議には、ふたつの狡い罠があります。
ひとつは、廃棄物処理の原則を「復興」の名のもとに踏みにじっています。
「通常の廃棄物相当」という言葉を紛れ込ませることで、放射能汚染さえなければいいと、東北から九州まで運ぶことを合理化しています。
廃棄物は、それが発生された場所、そこにもっとも近いところで処理するのがイロハのイの原則です。
都市に処分するところがないからという理由で過疎地が狙われて来ました。
各地の産廃処分場反対の取り組みは、発生源で処理すればほとんど起こらない問題と言ってもよいほどです。
災害がれきだから例外扱いというのは、とうてい納得できるものではありません。有害化学物質の処理を含めて、災害がれきの処理の方法を原則的に解決することを模索すべきです。
原発安全神話と同じような大量のキャンペーンを行なって、すべての問題ががれきにあるという世論操作にを行なっています。

2つ目には、科学的知見の名のもとに安全性を確認するということが、全然信用できないということです。
一度、がれき受け入れが容認されれば、後はなし崩しの放射能汚染の拡散です。低線量の内部被曝の恐さを知る必要があります。「これから先は安全」という「しきい値」がないのが放射能汚染です。「同程度」などいう言葉で認めてはならないと思います。
また、検査が厳格に行われる保障はどこにもありません。悲しいことですが、それが現場の実態です。放射能を扱う原子力発電の現場ならもっとも厳格に法律が守られているだろうと多くの国民が思っていました。福島第一原発の事故で、そうではないことが明らかになりました。都合のよいように規制値が変えられています。「法治国家というなら国は法律を守るべきだ。ところが日本では今、国が法律を破っている」(小出裕章さん)のが実態です。


操作された一色の世論に同調を迫られ、声も上がられない状況が、放射能汚染と同じくらい恐いと思います。
以下、賛同する意味を込めて、ご本人の了解をいただき文章を掲載させていただきます。
転送転載を歓迎します。

=============================================


皆さん今日はお疲れさまでした。
関東からの避難者ということで、埼玉での事故後の生活を話させて頂きました。

今日、ガレキの受け入れに関する署名集めをしていて、直に北九州の方の意見が聞けたのがものすごく収穫でした。
と同時に、とても残念でした。

私は埼玉にいては放射能の影響で「死ぬ」と直感し、その裏付けのために何ヶ月も情報を集め、宮城や岩手の汚染状況も知っています。
埼玉よりひどいです。距離で見ても一目瞭然ですが。
埼玉の放射線管理区域以下のところでも、敏感な人は次々と体の異変を訴えます。でも放射能の影響だとは考えない人も多いです。タカをくくっている人も多いです。
それもそうでしょう。ただ疲れやすいんです。ただ風邪をひきやすいんです。確実に免疫力が落とされてます。アトピーが治った人は再発しています。弱いところや古傷がむし返されます。そういう、何が原因か分からない状態なので、医者に行って薬をもらっても症状は収まりますが、治りはしません。累積被曝によって一生続くでしょう。

子供に特に影響があると言われますが、年寄りも免疫力が落とされ、元気にウォーキングに歩く健康なおばあさんが何年ぶりかで熱を出して寝込むなど、事故後に結構ある話です。
そしてそれが潜伏期間だということ。必ず牙を剥きます。子供から命を落としていくでしょう。そういう世界が怖いのです。

安全な放射能はないんです。
わが子を守れるのは親だけです。そして私にはわが子を守ることだけで、仕事を捨て、家を捨て、命からがら逃げてきました。その後から放射能を付けたがれきが追いかけてくる恐怖が分かりますか?
異常な基準値を設けられた食べ物が横行している恐怖が分かりますか?
九州へ来てでさえどれだけ慎重に食べ物を選んでることか。そういう私の考えを埼玉では「放射脳ママ」「ノイローゼ」と言われるんです。
九州ではそういう空気はなかったし、病院で娘の甲状腺を見てもらうときに、素直に「被曝が心配だ」といえました。埼玉では言えません。先生も「そうだよね、あっちは心配だよね。」と心配を汲み取ってくれたんです。とても嬉しかったです。

でも、今日のガレキの受け入れに積極的な人が多いことが分かって、とても怖くなりました。ここで終わりなのかと。そして反論できない自分にも嫌気がさしました。被災地支援が大事なんだと思われてる方に反論できません。でも私には被災地より我が子なんです。ここで非国民と言われるのかもしれませんが、まずは人のことより自分の子どもが大事なんです。隠しようもない事実です。切羽詰ってここまで来たんです。余裕なんかありません。
明日の議会には傍聴に行きます。何としても止めたいんです。国の汚い「絆精神論」を持ち出す世論誘導に怒りを感じます。本質を隠し、事実を隠して、人の善意につけけ込む精神論で誘導することに、本当に憤りを感じます。

ガレキのことだけを言っているのではありません。
放射能汚染の実態を全て解明して、それに対して世界の常識である「放射能閉じ込め」をやらないと日本の復興はありえません。臭いものに蓋をした状態では、何も進みません。被災地復興の名のもとに日本全土が潰されます。どうか九州も足元を掬(すく)われていることを自覚してください。決して安全地帯ではありません。この震災は被災地3県のものではありません。日本全土に広がる経済破綻や民主主義の崩壊さえも危ぶまれるような出来事に向かっています。

ガレキを受け入れる心の余裕がある方は、まず日本の汚染状況を知り、被曝地に置かれている人たちを助け出すことを考え出してください。命の順番でいくとこちらが先決です。そのために今はきれいな西日本をとっておきたいのです。これは積極的に努力をしないと、あっという間に汚されます。

どうかよろしくお願いします。

   2012/03/11  埼玉から北九州市へ避難している女性

======================================================










posted by 村のトイレ屋 at 12:50| 山口 ☁| Comment(53) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も北九州市のがれき受け入れ反対です。
私も群馬から福岡市に転居予定です。
理由は、もちろん放射能汚染から逃げるためです。
原発事故後、どんな怖い思いをしてきたか。
子どもに汚染給食を食べさせるのがどんなに
辛かったか。
子どもが雪で遊んだだけでどんなに心配だったか。
今関東のお母さん達が九州産の野菜をお取り寄せ
して内部被爆をなくそうとがんばっています。
全国汚染されてしまったらどうするのですか?
日本から安全な食べ物がなくなりすよ。
北九州市の市長さん、お願いです。
がれきを受け入れないで下さい。
チェルノブイリのかけはしの野呂美加さんの
お話を聞いてください。
本当に放射能は怖い。燃やしてはいけない。

絶対にがれき受け入れ反対です!!
Posted by りんご at 2012年03月14日 11:02
コメントありがとうございます。
すばらしいアピールなので、他のところにも転載させてください。

原発事故が起こる前は、原発は安全だ事故など起こらないといい、
事故が起きてからは、その責任をなんにもとらず、今度は「放射能は線量が低ければ安全だ」という。

そして、マスコミは広告費欲しさにまたもや真実には沈黙しお先棒担ぎには協力をして、「非国民」扱いの世論をつくりだそうとしています。

今、声をあげないととんでもないことになります。宇部市は、受入れを拒否しています。防府市の受入には怒っています。放射能に境界線はありません。東から風が吹けば防府から、偏西風が吹けば北九州市から放射能汚染が舞ってきます。

全部止めないといけません。力を合わせてぜひやめさせましょう。







Posted by 安藤 at 2012年03月14日 16:04
痛みわけの精神で東北の瓦礫を処分してくれる北九州市には涙がでるわい。 さすが任侠精神が根付いてる北九州市民の民意を汲み取って議員の方々が満場一致で可決してくれたわい。 これが本当の絆たい。 北九州は不況やから丁度産業廃棄物業者や土建屋には世知辛い世の中やけん、瓦礫受け入れで、東北民が喜んでくれて、北九州にお金が入ってくるんやったらこんな良い話はないやろう。 反対派は本当の北九州市民じゃないけんのう。北九州は日本各地の原発へ労働者を派遣しているメッカやけん、瓦礫程度の放射能なんぞ怖いと思う労働者はおらんけんのう。 北九州の人間は情深いやろ?
Posted by 土建屋 at 2012年03月17日 12:23
がれきがあってもなくても、すでに放射能は全国に広まっていると思う。
そんな中で放射能が広まるから処分反対!と叫んでても「もはや手遅れですが〜?」と言いたくなる。
私は同じ埼玉県民ですが、全然かまわないと思っています。むしろ決断が遅かったとも思う。

こういうのはさっさと処分して、復興の手助けになった方が問題解決が早まると考えます。
いつまでも立ち止まってても、物事は何も動きません。
がれきを放置していたら、その分放射能が積もり積もって片づけるのが大変になるのです。
少ないうちに片付けるのがベストです。

…一度、何もなくなった被災地に足を踏み入れてみては?
被災者の目の前で「がれき受け入れ反対です」と言えますか?


Posted by あまみや at 2012年03月18日 11:13
あまみやさんも、ご自分の体にいろいろ異変が起これば、「全然かまわない」などと言えないのでは?
私は誰の前でも「ガレキ受け入れ反対」といえます。
Posted by もうすぐ九州へ移住する埼玉県民 at 2012年03月22日 18:45
子どもが体育で体操服が汚れるほど土まみれになって帰ってくると、鼻血、歯茎からの出血、目の充血・・・こういう目に見える症状も怖いですが、体の中で何が起こっているのか、知る由もありません。何年後かに爆発する爆弾を抱えてしまったような恐怖があります。
Posted by もうすぐ九州へ移住する埼玉県民 at 2012年03月22日 18:53
皆さん、
バグフィルターでは放射能除去なんか出来ないのです。京大の小出さんもこの件では「きちんと除去できるフィルターを使うならいいが」と条件をつけていますよね。それは到底望めないし、これまで散々平気で嘘をついたり事実の隠蔽をして原発を推進してきた連中が、利権と汚染拡散でしかない瓦礫受け入れを押しているという点をお忘れなく。

バグフィルタの会社に電話確認したかた、「放射性物質が除去できる保障はないし、試験したこともありません」と言われた。
http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/239.html
や、
「利権」と「被害拡大」でしかない「瓦礫受け入れ」は絶対に阻止しなければ! でも、効果的な手段は?→祝島のように!!
http://insidejobjp.blogspot.com.au/2012/03/blog-post_20.html
など、参考にしてください。
Posted by 千早 at 2012年03月23日 01:11
もうすぐ九州へ移住する埼玉県民さん、

本当にご心配でしょう。

これまで以上の被曝をさせないことと、汚染されていない食品の確保が大事と思います。あとは長崎の原爆後で見られた伝統的食品(化学的に作られたものでない)=味噌、醤油、漬物、玄米などを摂るようにすること。飯山一郎氏の「お米のとぎ汁で作る乳酸菌」も。またクリス・バズビーのいうカルシウムとマグネシウム。あとは極力明るく楽しく生きること! この状況下では容易ではないけど、頑張ってください。
Posted by 千早 at 2012年03月23日 06:37
放射性物質が微量なら安心とは思えません。
何せ、何年も残るものです。蓄積したら微量ではなくなります。それに、アスベストやカドミウムなどの重金属も含まれているかもしれないのに計測していない。

第一、本当に復興の妨げになっているのでしょうか?現地の方は、現地にしっかりした最新の設備を作って現地処理して欲しい、その方が雇用促進になる、と言っているようですが?(そんな石巻市長の提言は国に却下されたそうですが。)

瓦礫を処理すれば、莫大な交付金が手に入ります。結局現地でなく、他の地域が潤うのです。しかも、行政と癒着した利権まみれの企業が。


それに、放射性物質の降下量の多かったところで、子どもたちの内部被ばくを防ぎたいと、西から食材を取り寄せているお母さんたちがたくさんいます。その方たちからしたら、西のものも安心できない、と、絶望的な状況になりかねません。

今できることは、汚染が少ない地域をできるだけ守ること、だと思うのです。少しでも放射能の影響のない土地を守り、そこで作られた食材を大事に分け合うこと。
被害のひどい地域からは、人を受け入れること。
チェルノブイリの汚染地域では、年に一度、子どもたちを1カ月、汚染のない海外へ保養に出すことになっていると。
日本は、甲状腺に異常数値が見られても再検査は頻繁にする必要がないと言っていますよ。

子どもたち、そしてまだ見ぬ未来の子どもたちに、少しでも危ないものは残さない、というのが、大人としての責務ではないのでしょうか。
Posted by NAKANAKA at 2012年03月23日 08:42
はい、「私も瓦礫が復興の邪魔になっている」
と言われているのは、意味不明だと思います。

被災地では、住民生活が営まれる場所(街中や
道路)では、瓦礫撤去はほぼ終わっており、
復興を妨げる状況ではありません。
(色んな雑誌週刊誌が、被災地の、地震直後、
 半年後、現在の定点観測写真を載せていま
 す。瓦礫集積場ではない街中や道路などに、
 今も放置されているものは少ないです)

現在は、街中や道路などから撤去された瓦礫が
決められた場所に大量に集積されている状況です。
その集積場の様子は最近よくテレビで放映
されています。(確かに集積場には瓦礫が大量
にあります。)

しかし、集積場の瓦礫が、道路を寸断したり、
 宅地に放置されて建築の障害になっているわ
 けではありません。

日常生活する場所(街中や道路)からは撤去さ
れているわけですから、
集積場に大量に瓦礫があるから「復興できない」
というのは意味不明です。

また、今回の瓦礫の量は阪神・淡路より少し多
いだけです。
阪神・淡路では3〜4年で地元兵庫大阪でほと
んど処理しました。(下記の「兵庫県資料の
12ページ」にあるとおり、ほんの少し関東の
一部の自治体(横浜、川崎、埼玉県東部清掃組
合)にお世話になりました)
阪神の際は、全国中の自治体に瓦礫処理を助け
てもらったわけではなく、関西だけでなんとか
しました。
 
なぜ今回は、全国広域処理なのでしょうか?

(瓦礫総量:参考)

東日本大震災 2252.8万トン
岩手・宮城・福島三県で、
それぞれ、475.5万t、1569.1万t、208.2万t
の総計2252.8万t(平成24年3月発表)

阪神大震災 2,000万トン

出所1: 阪神・淡路大震災におけるガレキ処理
    ・活用に関する調査と考察 運輸省
    (平成10年)
http://www.pari.go.jp/search-pdf/no0899.pdf

出所2: 阪神・淡路大震災における災害廃棄物
     処理について 兵庫県(平成9年)
http://web.pref.hyogo.jp/wd33/documents/000044725.pdf
Posted by 奈良人 at 2012年03月24日 01:31
千早 様
アドバイスありがとうございます。
>極力明るく楽しく
難しいけれど、がんばってみます。
体調の悪い主人を残しての、母子避難ですので・・・向こうに行っても、心配事は尽きないと思います。
Posted by もうすぐ九州へ移住する埼玉県民 at 2012年03月24日 07:24
ご苦労様です

政府は対応できずに気が狂っているのです
どんなに困難でも未来の希望の灯を消しては、子供達を見捨てることになります。

 どうぞ、くじけないで。気持ちはいつも一緒に歩いています。お粗末ですが、[亜母」の作品、四つ葉はがきなど、もしお役に立つならいつでもお使いください。


「ガレキの;広域処理を許さない」改訂す〜応答せよ、小泉進次郎氏
http://sekaitabi.com/noisyminority.html拝聴。
小泉進次郎さま、私をまず説得してください。

<ガレキの広域処理をゆるさない>の改訂。

 大自然は命と未知に覆われている。そしてその大自然を超える不自然が放射能だ。科学者の中には自分の科学の知識の範囲内で、わかったつもりでいるが、放射能は人間の手におえない。

 放射能は今後も新たな発見や学説が続くのだろう。 そして今は[ガレキは燃やしてはならない」ことになっている。  8000ベクレルという猛烈な数値がでても、放射能はふつうゴミなのか?
 「ガレキを広域で処理する理由」は私の聞いたところでは[場所がない]、次に「焼却炉の処理能力が間に合わない」だった。 しかし、それは違ってた。

 <静岡・島田市桜井市長、岩手県知事らと会談> 「がれきの受け入れが各地で進めば風評被害もなくなる。
     え?どういう意味:

 <伊達勝身・岩泉町長の話>                       
 現場からは納得できないことが多々ある。
がれき処理も、2年で、無理して早く片付けなくてはいけないんだろうか。山にしておいて10年、20年かけて片付けた方が地元に金が落ち、雇用も発生する。
 もともと使ってない土地がいっぱいあり、処理されなくても困らないのに、税金を青天井に使って全国に運び出す必要がどこにあるのか。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・        
 ガレキ撤去は急げ、ならば近間でやらなければ。時間がかかる。
 ガレキ処理は近間できちんと管理体制を敷けば。10年20年かかってもいいと思う。

焼却灰とフイルタ-もまた難問。そして、その難問で未知の分野に取り組むには、
専門家の監視が必要、そして市町村に放射能管理は無理。

 なにより
 汚染されてない土地を、なぜわざわざ汚染しようとするのか?安全な土地、安全な食、それは子ども達の為に、「国が一番に守るべきもの」ではないのか?日本中の土地を汚染してどうする?

リスク管理上
、今後の放射能の常識がどう変わるか予断は許さないのに、全国にばら撒いたらに変化に対応できないだろう。近間に集中させるべき。

3.11 <天皇陛下のお言葉>、
そしてこの大震災の記憶を忘れることなく、子孫に伝え、防災に対する心掛けを育み、安全な国土を目指して進んでいくことが大切と思います。

 今後、人々が安心して生活できる国土が築かれていくことを一同と共に願い、御霊(みたま)への追悼の言葉といたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 なぜ汚染されていない国土を守ろうとないのか?汚染の少ない地域、安心な食糧基地、それは日本の国にとって何よりも大事に守るべきもののはず

 今まさに戦時中だと思った。、日の丸、君が代、愛国心で若者たちは戦争に行った。でもまだ「国敗れて山河あり」だった。今は[絆」を御旗にガレキ広域処理を進める。そして山河は滅ぶ。

被災者の困難は分かち合おう
だが被曝を分かち合う事はできない

ガレキは早急に撤去セねばならぬ
しかし、処理は早急である必要はないはず

「自然放射線と人工放射線の違い」市川定夫氏
「人工放射線と自然放射線」の比較をして原発を推進する人はやるわけです。私達が本当に比較しなければならないのはこっちなんです。「人工放射性核種と自然放射性核種」

人工放射能は体内に濃縮・蓄積する
自然放射能は体内に濃縮・蓄積しない
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 国は、子供の被曝をどう認識しているのか
。国は、放射能に責任を持てるというのか?。子供を被曝から守ろうとしない大人は 退場してほしい。やがて被曝に苦しむ子供がでてきたら、大人に対して何思うだろう。

 私はいまだ 3.11の悪夢の中にいる。
原発事故も悪夢だが、その後の、政治、マスメディア、利権構造の対応への不信感は、原発事故を越える悪夢だった。そして、被災地住民は移住に活路を見出せず、被曝されつつ暮す。つまり、国は福島被災民は見捨たのだ。

「この放射能汚染の中で途方にくれている母子を思うに、政府こそ狂っています」
この言葉をどうおもう?応答セよ。小泉進次郎氏。

@統制されたマスメディアと、インタ-ネット世代との認識のギャップは、そのまま家庭内の世代間抗争となった悲劇。 読売新聞の世論調査は果たして根拠となり得るのか、

<小出裕章氏>
現有の焼却施設で燃やすということではいけない。排気系統にきちっとした放射能を補足できるフィルタ-、などを取り付けなければ、いけないし 出てきた焼却灰は、各地の自治体で埋めてはいけない。それは福島第一原子力発電所、あるいは第2原子力発電所に返さなければいけない。

<あるキャスタ--が>
 よく「放射能を正しく理解して、むやみに怖れない」と、言うが、放射能を正しく理解している人なんているのだろうか?放射能を正しく理解して、ガレキを広域処理するのだろうか?

「7人のめくらと象の話」
ある国の王様が、めくらの人たちに象を触らせたそうです。
そして感想を述べさせた。
あるものは、鼻だけを触って「象とは、丸い長いものだ」といい、
あるものは、耳だけを触って「象とは、平べったいものだ」といい、
あるものは、足だけを触って「象とは、丸太のようなものだ」といい・・・
そうして自分の意見が通らず結局喧嘩になった。人間とは、そういうもの。
まだすべてを見たわけでもないのに
自分の見て触ったものだけがすべてだという。
人間の考えも及ばないような事実が
たくさんあるのだ。
すべてを知ったと思っていても
それはすべてではない。という話です。

<普通は>
、フクシマの高濃度汚染地帯を買い上げ、保管、処理すればと思うが、きちんと議論されたのか?放射能に敏感でない男の中高年の会議に異議あり。母親を委員に参加させよ

 <忘れられない言葉【国土をきれいにするのはお金の問題ですか?】 -児玉教授>
http://doujibar.ganriki.net/fukushima/kodama_interview.html
岩上:そうすると国家の財政が破綻するなどということが無い程度の…。
児玉:いや、国家の財政なんて、もう破綻してるじゃないですか。
岩上:ありがとうございます。そうですけど…(笑い)
児玉:ですからそこの問題よりも…、もっと違う…お金…。たとえばいま財政と言われたけれど、お金って何だろうと思うと…。たとえば私、去年家内の肝臓移植しましたけど、お金がかかってもそんなの問題じゃなく、家内が生きてればそれだけでハッピ-じゃないですか。
岩上:そうですね。
児玉:そしたら、我々が先祖から受け継いで子孫に伝えていく国土をきれいにするのは、お金の問題ですか、岩上さん…。
岩上:いや、とんでもないと思いますよ。いくらつぎ込んでもやるべきことだと思うんですけど、ただその、現実可能なところがどれくらいなのか、ということなんですけどね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私なら、[モチロン、お金の問題!」というのに・・・ドウシテ易々と賛同してしまかなあ

 許さざる言葉は[原発で死んだ人はひとりもいない」と[移住じゃなく除染]と「ガレキの広域処理」そして[絆」。 絆は政策なのか?政策は絆だけなのか?美談や絆で放射能を語らないでほしいし、安全な国土を汚染させるかどうかだ。
Posted by 岡田陽子 (ぽんのんの 亜母) at 2012年03月24日 09:47
初めまして☆
私はオーストラリア在住ですが、日本のことが心配でネットで情報を集め原発についての記事を書いています。
とっても素晴らしいアピールだと思ったので是非私のブログでも紹介させて下さい。また勉強したいので覗きに来ます!よろしくお願いします。
Posted by shizu at 2012年03月30日 00:12
ガレキの焼却試験に立ち会っていた埼玉県の日高市市長が、翌日心筋梗塞になり、その後死亡しました。
Posted by もうすぐ九州へ移住する埼玉県民 at 2012年04月03日 21:54
はじめまして。

5月23日から試験焼却が始まるようですね。

石巻市の隣の被災地出身でして、実家も被災しております。
自分は子の未来の健康を心配し、福岡県に母子で移住してきました。

被災者の気持ちも、子の守る親の気持ちも持ち合わせております。


世のお母さん達は、病気や早死にさせるために子を産んでいるのではありませんよね。





Posted by 実家は被災地。東京から福岡へ母子非難している者 at 2012年05月17日 11:23
私も絶対がれき受け入れ反対です。
小さい子が2人います。受け入れ賛成の人なんて年寄りか知識が浅い人、何も考えてない人、子供がいない人等と思います。
大切な子供のためだったら鬼にもなれます。北橋市長絶対許せない!ずっと反対訴えていきます。
北九州には失望しかありません。
Posted by あかね at 2012年05月18日 03:14
がれき受け入れ反対です。
北九州市、がれき受け入れやめてください、本当に。
健康被害が出ても、放射能のせいじゃないときっと逃げるのでしょう。
絆といえば何でも許されると思うなよ!
Posted by keico at 2012年05月18日 03:18
みなさんのコメントを読んで感じるのは冷静さの欠如、自分の論理への自己陶酔。
さらに今日、TVで見たら大きなマスク、サングラス、帽子… 
反対派の人たちって、かつての過激派暴力集団と同じですね。唖然としました
がれきの問題以上に、このような人々の精神病理現象に不安を覚えてます
Posted by sachi at 2012年05月22日 13:49
瓦礫処理(焼却や埋め立て)は危険!だとか言う人・信じる人は、自分の無知さ加減をアピールしているとしかいいようがない。

瓦礫1万トンに含まれる放射線物質を100平方kmにばらまいた場合、どれくらいの放射線を受けることになるか・・の計算ができて 危険!とか言ってるのかな。

1人あたり○○ベクレルになる!とか馬鹿丸出しのことを書く人もいるようだが。。
Posted by もっちゃん at 2012年05月22日 14:25
瓦礫受け入れをしたくないなら一生反対してなさい。
理論的にもっともらしく意見を述べようと
結局は自分のそばに来るのが嫌なだけでしょう
あなたが逃げ出した埼玉に瓦礫がやってきてももう何も
思わないでしょ?
この国が復興するには日本全体が少しずつ犠牲を払っていかないと
いけない。そこに人の心があるのなら受け入れるべき。あなたに人の心があるのならね
Posted by a at 2012年05月22日 18:10
自分のことだけなんだね。
悲しい日本人だね。
彼女が言っていることの裏付けもとらないで、
まるで事実のように流布させないでくださいね。
Posted by 埼玉to宮城 at 2012年05月22日 18:11
同じ日本人として悲しい気持ちです。
結局は自分が最優先なんだね。
海外にでも行って下さい。
逆の立場だったらどうするの?
本当に気の毒な方。

Posted by れい at 2012年05月22日 18:36
日本人の恥。お前たちがやっていることは一昔前の「赤軍」そのもの。
Posted by たく at 2012年05月22日 22:52
瓦礫受け入れは、反対です!
被災地の方々を救う為に、すこしの犠牲をいとわないと言うのは、理解できません。
被災地の方々も、そのような事は望んでいないはずです。
日本の未来の為にも、誰も犠牲を払わず、放射能に怯える事のないよう、きちんとした化学的、物理的根拠のある処理をしてもらいたい。
感情的に、考える問題ではないです。
Posted by まる at 2012年05月23日 00:26
反対派を笑っている人は
自分の体がおかしくならないと
わからないんでしょうね。

私は身をもって体験しましたから・・・
(避難中)
Posted by 北九州市民 at 2012年05月23日 06:29
東京にすんでいるものです。
元埼玉居住とのことで、ご自身が使っている電力を供給してもらったところが事故になり、その後始末に対して全く関わろうとしないのはいかがなものかと思います。自己中心の最たるものですよ。しかも、埼玉は汚染などほとんどされていないのにね。
「自分の体がおかしくならないとわからない」?
いい加減にしなさい。あなたが使っていた電気のせいでこんなことが起こっているのでしょう。
体の調子が震災後に多く出たことは、社会的な動揺が精神的に影響したのもあったはずです。なお、セシウムが影響している場合には、年をおうごとに体調を悪化させる人が増加するはずです。つまり、統計を取ると、震災後数ヶ月からその割合が増加すると言っています。震災後に一時的に体調を悪化させた場合には、それは、放射能の影響ではないですよ。
ちなみに、体が過剰に反応する方がおられることは知っています。知人でも、化学物質に敏感なために、新築の家には住めない方がいますので。その方(東京在住)でも震災後に問題はなかったですね。
短絡的に結論付けることはやめてほしいです。あなたの自己中心な意見は、日本人として恥ずかしい限りです。
Posted by ぱお at 2012年05月23日 07:48
自己中もいい加減にしたらどうですか?自分さえよければ被災地はどうなってもいいという身勝手さがあなたの発言にはありありと出ています。北九州が被災したとき身を持って自分の愚かさに気づくでしょう。
Posted by 宮城県民 at 2012年05月23日 13:04
私は今年50歳になりますが、7年前に甲状腺ガンを患いました。手術もうまくいき今は元気にしておりますが、原因は子供のころに足が悪くレントゲンを何百回と撮影したためだと思います。
微量の放射線でも蓄積すると大変なことになります。反対運動が起これば協力します。
Posted by ヒロホーク at 2012年05月23日 13:38
本当に身勝手な方が多く被災地の人間としてがっかりするばかりです。被災地の多くの人は広域での瓦礫処理を切望しています。勝手に「被災地の方も望んでいない・・・」などと書かないで欲しい。瓦礫を早期に処理しないと復興が遅れるのです。日本国全体の問題です。大した放射線量でもない地域から遠方へ避難している方々を笑うつもりはありません。個人の判断ですから。でも自分の根拠の少ない論理を押し付けないで欲しいです。
Posted by 仙台四郎 at 2012年05月23日 17:37
震災ガレキ処理受け入れに反対して騒いでいる人は、自分の行動で沢山の被災者の心を傷つけているという事を自覚して下さい。

人の痛みが分からない最低人間ですよ、反対派の奴は


だいたい、汚染されてないっていくら言っても信じないで騒ぐ奴がいるから、
汚染されてないよってのを証明するために試験焼却なのに、
その試験焼却自体を妨害するのは頭のおかしい話です。

国や行政を悪と決めつけ、それに立ち向かう自分達は正義の味方だと、自己満足しているようにしか見えません。


己のストレス解消の為に、反対の為の反対をして騒いで、社会の秩序を乱すようなバカな真似はもうやめたらどうですか?

自分の頭の悪さを世間にアピールして何が嬉しいのか分かりませんが、
いい大人が、みっともないです。
Posted by 東北魂 at 2012年05月23日 17:42
だいたい正しいことをしていると思っているならサングラス、マスクはやめなさい。
Posted by 仙台四郎 at 2012年05月23日 17:59
この埼玉から非難って方、嘘だと思いますよ。

特に埼玉は、震災の影響も直接受けることなく、震災で非難された方達の受け入れと復興支援として、一番身近に接している県の一つです。

そんなこともあり、原発事故や放射能の情報も早くから詳細に入ってきて安全に対しても冷静に対応できていて安心しています。

こんなことに、”埼玉”を利用するのは止めていただきたいです。
Posted by 埼玉在住 at 2012年05月23日 17:59
北九州の受け入れ反対運動のニュースを見て、
怒りと悲しみが入り交じった感情で一杯です。
所詮、北九州の市民にとっては被災地の事情も他人事
・・ということがよくわかりました。

放射能汚染におびえているのは誰だって同じです。
今も被災地ではうずたかく積み上げられた行き場の無いガレキの山が至る所にあります。
それを毎日毎日、いつになったらこの山が減っていくのかと
眺めるしかない現地の状況をどう感じているのでしょう?

これだけ騒ぐのなら、せっかくですから
輸入品の放射能問題やジャンキーな食品も
どうぞ思いっきり危険だ危険だと騒いだらいかがですか。

今もっとも急ぐべきことを遅らせようとする態度・・
同じ日本人なのに、温度差がありすぎてお話になりません。
Posted by 東北より at 2012年05月23日 18:00
空気中には放射能がいっぱいですよ。
原発事故に関係なく人は被曝しています。
空気中や食べ物にも放射能は必ず含まれているんです。
ゼロ放射能運動を企業がやっていますが何の意味もありません。
今でも福島などの被災地域で生活している方に失礼だと思いませんか?放射能の影響があるかも知れない恐怖に勇気をもって立ち向かって故郷の復興を願って戦っている人たちがいるというのに。
所詮、震災はテレビの向こう側の他人事。自分だけ良ければそれでいい、放射能を言い訳にして関わりたくない。
私にはそう見えます。
まずは32トンの焼却でどれほどの放射性物質が出るのか見てから判断されるべきだと思います。
まぁどんな結果が出ようともヒステリー起こして受け入れないんだろうけどね。
埼玉からトンズラこくくらいの判断力だからさ。
Posted by めい at 2012年05月23日 18:13
ヒステリックにならずに冷静に状況を判断しましょう。 離れていると事故汚染範囲=被災地と勘違いしている方もいると思いますが、福島は地震や津波の被災は非常に少なく、被災範囲としては端に位置します。

放射線モニタリング情報(文部科学省)
http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area.html
測定地点 に 岩手や宮城 エリアグループ
で 自分の都道府県と比べてみてください
濃度は他所と変わらないことが分かると思います。


津波が原因とは言え他所より津波も揺れも低く、単に原発が震災に弱かっただけでこれは全国の原発施設共通です。
Posted by 埼玉在住2 at 2012年05月23日 18:21
被災地で処理できないから北九州市に頼んでいるんじゃねえか!
おまえ日本人じゃねえな
このバカ
Posted by 野田 at 2012年05月23日 18:22
まあまあ、あまり感情的にならずに行きましょう。これでは受け入れ反対のヒステリック集団と変わらなくなりますから。埼玉から避難された方々、その何倍もの福島の方々が埼玉に避難している事実も忘れないでね。
Posted by 仙台四郎 at 2012年05月23日 18:35
私は高校生です。

みんなで乗り越えようとしているのに、一部の自己中心的な方がいてびっくりです。

親が子供を守りたがっていますが、みんな気持ちは同じです。


北九州市の方が、がれき受け入れに反応している姿をみて、怒りと悲しみがあります。



もし、自分のお母さんがデモに参加していたら本当に恥ずかしくて生きていけないと思う。


Posted by れな at 2012年05月23日 18:44
埼玉から北九州市へ避難している女性

この方の書き込みに怒りと情けなさを感じました。埼玉から九州に逃げてきたから瓦礫なんて持ってこないで!なんて子供にも話せない情けない話です。

埼玉のお友達、知人、親戚?はどうなっても良いので、自分だけ逃げて行ったのですね。きっと埼玉の方々はもう帰ってくるなと思っていることでしょう。自分で問題に立ち向かうことなく逃げれば済むとお考えなのですから空いた口が塞がりません。

臭いものに蓋をしているのはあなた自身で、東日本を臭いものとして、200年ほど人が住んではいけないなどと言っているのです。それこそが問題を観ないでトンズラが一番賢いと思いこんでいるのです。

首都圏はマンションの販売も持ち直し、景気の回復基調にあります。みな自己責任で日本を復興しようとしているのです。福島や宮城の人たちも故郷を捨てて行った人たちに対し冷ややかだと聞いています。あなたのように逃げ回ってばかりいたらどうやって人生を作っていくのですか?

佐賀の玄海原発が事故を起こしたら、どうせすぐ九州も捨てるのでしょう。九州の多くの方々にお世話になっておきながら、都合が悪くなるとその人たちも置き去りにしてさっさと逃げるのではありませんか。
(皆さん九州はもうだめです。北朝鮮に逃げましょう)

簡単に修理できる瓦礫の量ではないからみんなで助け合おうというのです。

この世に生きていれば何らかのリスクを背負って生きていくものです。あなたのように逃げてばかりで「危険」を叫ぶだけなら、それは大人の行動ではない。

まあ震災の復興ボランティアなんて間違ってもやったことないんでしょうけどね。
Posted by ロイド at 2012年05月23日 19:59
瓦礫受け入れ反対!!

賛成言ってる方は少し頭を冷やして下さい。

試験焼却した静岡県島田市では周辺の小学校の土壌、影響出てるそうです。

試したあとにやっぱり影響ありました、では遅いんです。

みんな、国に騙されすぎ。
Posted by 神奈川県民 at 2012年05月24日 01:58
いろいろはご意見ありがとうございます。
ひとつ、ひとつ、お一人お一人お一人コメントをお返しすべきところ、私今、北九州市の「瓦礫」放射性廃棄物・震災原発廃棄物の受け入れ阻止の活動に手一杯で、ご無礼をいたします。
昨年から私が掴んだ真実は、
1,土に返せないものはつくるべきではない、つくってしまったものは、原則に沿って扱うべし。放射能は閉じ込めが原則。燃やすのは論外。
人間は、他の動物にならって、排泄物と死体を静かに土に戻す生き方に徹すべし。他事不要。
2,騙された、知らなかったは、騙すことにつながる。被害者は、加害者になる。故に沈黙は犯罪になる。
3,動かなければ風も吹かない。現場の行動が事態を変える。

ご理解のほど、よろしくお願いします。

Posted by 安藤(へちまや) at 2012年05月24日 03:44
放射能汚染されたガレキと、津波被害の一般ガレキとを
混同するのだけはやめてください!!
Posted by 東北より at 2012年05月24日 08:56
まあ、皆様色々な意見がありますよね。
でもそれで良いと思います。
全て自分の判断で行動すれば良いことです。
私も埼玉から北九州へ震災後移住してきましたが過剰な行動だったかもしれませんけど当時はそういう判断を自分でしただけですから今もそれで良かったと思っています。
結局は皆様の自分の立場・状況によって考えも違いますからそれが一致することもないでしょうしどの方の行動も間違ってはいないと思いますけどね。
人それぞれなのに批判ばっかりの皆様のコメントを見ているとちょっと笑ってしまういますけどね。
どの人も自分に都合が悪ければ白い物も黒って言うのが世の中だからね結局それだけでしょうねまあ自分もそれだけかもですけどね。
まあ自分で考えて自分で行動すれば良いだけです。
しかし、うるさい奴らばっかですね悲しいですわ〜
Posted by 竹丸 at 2012年05月25日 13:56
せめて東北の人に対して「協力はしたいけど、大変申し訳ないけど安全性が確認できるまで受け入れはできません。安全性が確認できれば受け入れます。」といった態度が欲しいよね。まあ自分のことしか考えられない方には何を言っても無理だろうけど。
Posted by I Love福島 at 2012年05月25日 17:11
自分で考え判断する。しかし、自分で勝手に考え判断してしまうと時に人を傷つける事もあります。
被災地域から来た人達は汚染されているからと勝手に決め付けて移住の受け入れを拒否して、拒絶して、誹謗中傷する。
自分で考え判断した結果が福島で作られた花火の打ち上げに猛烈に反対して打ちあげさせない。
ホントにそれでいいんですかね?
一方的に物事を考えるのではなく、広い視野や見識、想像力をもって物事を考えるべきではないでしょうか?
その結果の意見の違いはあるのでしょう、それは仕方のないこと、その部分については議論や意見の表明によって相互理解を進めていけば何となるとは思うのですが。
わりかし、反対派の方々はご自分の考えに陶酔しきって話を聞こうとしない、意見を受け入れない。
うるさいの一言で済まそうとする。
そして意見に対する反論ではなく意見者への批判になってしまう。
これでは議論は平行線のまま、なにも進歩はしません。
もう一度言います。
一方的に物事を考えるのではなく、広い視野や見識、想像力をもって物事を考えるべきではないでしょうか?
2ちゃんねるではないのでバカみたいな釣りはやめておいた方がいいかもしれませんね。
Posted by めい at 2012年05月26日 00:41
>一方的に物事を考えるのではなく広い視野や見識想像力をもって物事を考えるべきではないでしょうか
その通りだと思いますね、ここにコメントするような方たちは皆様それぞれ色々考えておられると思います。
ただし、反対派の方々はご自分の考えに陶酔しきって話を聞こうとしない意見を受け入れないうるさいの一言で済まそうとするっていうのは反対派でない方たちも同じだと思いますけどね〜
まあ私はこの方の言うとおり埼玉からトンズラこきましたけどがれき受入反対派ではありませんがこの人の考えも偏ってると思いますけどね。
とても広い視野や見識想像力をもって物事を考えてるようには思えませんよね。
Posted by 竹丸 at 2012年05月26日 06:39
“福島で作られた花火の打ち上げに一方的に"とありますが打ち上げたとしていたらそれはそれで不安を感じる人に対しての配慮にも一方的でかけていたのではないでしょうか。実際に汚染があるかどうかか調査しての判断の上でならわかりますが

こういう実証のないままに打ち上げることも私は疑問を感じた一人です。結果、日進市の対応は尊重するべきものだと私は思いました。

要はいまの原発再稼動するか否かの問題からもみてとれるように安全性が確認されないものが一時の経済的理由、利権によってうごかされることと同じ感じがして憤りを感じます。
勉強してない人ほど怖い・凶器となり殺意を感じます。

間違った形での絆を押し付ける人がいる。
自覚してほしいです。

一時の感情で動かされる方たちは人の命を軽視していませんか?
まず利権(金)(欲)・感情論に抜きにして事実を知れば必然的に答えは出てくる物だと思っております。
Posted by ゆ〜〜〜 at 2012年05月26日 09:21
>事実を知れば必然的に答えは出てくる物・・・
では事実を知ろうともしない方々にはなんと言ったらよいでしょう? 某県での説明会で某大臣が説明を聞いて下さいと言っても「聞かなーい!」の大合唱。検査結果が出ても「でっち上げ」と言って受け入れない。目の前で検査結果を見ても「数値がゼロでなければ受け入れない」とその地域の通常の線量以下であるにも拘らず反対する。ではどうすればよいのでしょう?結局、嫌な物は嫌だ、だけの感情論。
Posted by 仙台四郎 at 2012年05月29日 09:32
ノイローゼですね。広島の被爆者でも、被爆していない人より長生きしている人もいる。
Posted by da-isen at 2012年09月13日 14:10
広域処理は福島エートスのための、必ずやらなければならない事業です。

コメントで、ガレキ賛成の方々は、真実を知らないか、広域処理を全うするために、雇われたかたでしょう。

3.11以前は隠れていたこの国の正体が、一般人に見え隠れしています。

私の知らないことが、もっと沢山あるのでしょう


広域処理を全ての自治体が断って、

被災地に放射性物質の専門施設をつくり、
(私は私の故郷の福島が良いと思ってますが)
専門の管理者を置き、原発施設のように、扱うと
全ての問題は解決すると思っています。

福島では、実際に測ると(堀場)2桁になるような所に人間が今も住んでいます。

その方々を見捨てることに繋がるのが、広域処理だということに、1日も早く気づいて頂きたいです。

早く国民が気づいて、福島に人を閉じ込めている大量殺人を辞めさせて下さい。

広域処理は福島エートスを推し進めるための必須事業です。

九州で原発事故が起こっても、ガレキに放射性物質が降下している以上、他県で処理して欲しいとは思いません。

福島から、自主避難をし、さらに、次の避難先を探すだけです。

一度、大量に被爆してから、
ガレキ受け入れ賛成と言って下さい。

放射性物質は0ではないのだから、
絆は偽善ですよ。
Posted by mimi at 2012年10月14日 12:49
君たちゴミ人間

福岡は、福島以上に汚染されています

お前ら関東来るなよ
汚れるから

あっつべに福岡県民はゴミ人間って動画あった

おめでとう
ゴミ人間
Posted by 埼玉県民 at 2012年10月25日 16:48
うちは子供連れて震災後3月15日に東海へ避難したけど後悔してないわ。
今では15日に関東へ放射能プルームきたこと、調べりゃわかるし、子供守りたいしね。

今度大阪で瓦礫燃やすようだけど嫌だわ。避難した先で瓦礫燃やされたらいやだわ、あたりまえ。
関東は被ばく民よ。自分もそうだけど、それすらわかってないあんたがごみ人間。
Posted by 瓦礫反対埼玉県民 at 2012年11月30日 01:27
大気汚染がひどいからといって埼玉に戻ってこないでくださいね。今はどこの食べ物を食べているのでしょうか?北海道から取寄せですか?
Posted by とおりすがり at 2013年03月08日 13:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。