2012年03月07日

「体が10個ほしい」と言ってる人の話

小出裕章さんのことです。
毎度、小出さんの話で恐縮ですが、今回はちょっとびっくりしました。
小出さんが、

「以前は一日に48時間ほしいと思っていた」そうです。

でも今は、
「体が10個あっても足りないくらいで、10件のうち1件しか講演依頼を受けられない」そうです。
半年先までの依頼で予定が、あっという間に埋まり、もう半年を待たなければだめだと書かれています。

防府市の熱心な取り組むをする人に頼まれて小出さんの日程を調べたのですが、もう半年先からしか受け付けないし、小出さんが自分で選んで決めると言っていますので(先着順とかでなくて)年内に山口が2回重なるようなことは小出さんはしないでしょうねえ。ということは、山口では(近県でも)そうそう小出さんの話を聴けないと覚悟しておいたほうがよいようです。

今度の3月18日宇部講演会を大切な機会として、いかしたいとあらためて思います。

それにしても、通常の勤務をこなしながら、毎週末、講演で全国を飛びまわる熱意と責任感には頭が下がります。
一方でその負担をできるだけ軽くすることと、他方で、それだけの使命感に応えられる講演会の実現を期したいと思います。自分がやりたいことをやるというだけでなく、原発のない世界をつくるために行う必要のあることならは、やり遂げてしまう小出さんの姿勢を学びたいと思います。


小出裕章講演会情報のサイトから
http://healing-goods.info/koide/


2012/1/13追記 小出先生からのメッセージ

皆様

かねてよりこのページでお伝えしてきたとおり、今年4月以降のご依頼を年明けから始めました。
しかし、明ける前のフライングを含め、元日から様々なご依頼が殺到して来ました。
そのどれもが切実なもので、できることならすべてにお応えしたいと思いました。私は、昔、1日に48時間あって欲しいと思ったことがありましたが、3・11以降は身体が10個欲しいと思うようになりました。そう思ったとおり、頂いたご依頼の10件に1件程度しかお引き受けできない状態になりました。やむなくお断りせざるをえない方に対しては、本当に申し訳なく思います。お許しいただければ、嬉しいです。

また、これもすでにこのページでお伝えしたとおり、今後は半年(6ヶ月)先までのお約束に限ってするつもりです。今現在、7月上旬までのお約束をしていますが、それ以降に私をお招きくださるご意向の方は、半年先の期限になった頃に、ご連絡ください。

福島を中心として今現在も被曝が進行しており、皆さんそれぞれが個性を生かしてお力を発揮してくださることを願います。私も私にできることを担いたいと願います。

2012年1月13日  小出 裕章





posted by 村のトイレ屋 at 23:24| 山口 | Comment(0) | 3・18小出裕章さん講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。