2012年02月29日

下関市のデモ集会に参加

昨日は、下関市で産廃撤廃の公判、デモ、集会がありました。
主催:日野川流域水質保全協議会
   下関市民の命の水を守る連絡会
美祢市保々(ほうほう)の産廃処分場の操業停止を求める公判です。

宇部から、小野湖の水を守る会 会員3名で参加しました。


私達が下関市に着いたときには、公判は終わっており、裁判所から市役所までのデモの途中でした。
その後、勤労福祉会館で集会があり、高橋弁護士から説明があり、質疑応答がありました。
発言のなかに、下関市旧市街の人の参加が増えているという指摘がありました。
小野湖の水を守る会は、最後に挨拶と活動報告を事務局津島さんが行いました。
また、私も、放射性瓦礫の全国拡散に反対する意見を述べ、3月18日小出裕章さん講演会への参加をアピールしました。

下関の小出さん講演会は、3月17日(土)下関市海峡メッセ(定員300人)で行われますが、すでにチケットは販売完了し、主催者は宇部18日に参加するように訴えています。


写真は、デモ行進の様子。クリックすると拡大します。


CIMG3052.JPG




posted by 村のトイレ屋 at 07:39| 山口 ☔| Comment(0) | 小野湖・産業廃棄物処分場問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。