2012年02月11日

休日の一日、チェンカムの事務所で。仲間のブログ

昨日までセンサーイ村のメタンタンクのペンキを塗り替え作業を行なった。
6年前に工事したとき、私が素人職人で塗ったものとの対面だった。
内側の奥はほとんど劣化していなかった。


今日は、休日。
現地スタッフは、お休みでそれぞれ家庭サービス。

佐伯さんと私は、事務所で書類整理など。

私は、3・18小出裕章さん講演会のことがやはり気になるのでネット検索などをしていたら、こんな仲間のブログを見つけた。遠く異国の地で感涙にむせんでいます。

人のつながり、
小出裕章さん講演会で知人が増える、
というのもおもしろいですね。

「私の係わりや行動範囲の狭さも解った(笑)。そして狭くて足りている事も解った(笑)。」

「広い世間を狭く渡るが」信条の私にも納得できる展開ですね。




Nocochanの日記
http://d.hatena.ne.jp/nocochan/20120203

以下引用しておきます
====================

ポスターを貼らせて下さった周防大橋から近いセブンイレブンの店長さんはすんごく頭低くて可愛いかったり、車に置いてきてしまったポスターを、取りに行きましょうと雪の降る中わざわざ駐車場までポスターを受取りに来て下さった方があったり(佐山地域交流センターの若いお兄さん、名前解らないけど、ありがとうございました!)、講演会のお手伝いを少しさせて貰うことで、原発そのものに関してのみならず、繋がりや繋がり方、人情、地域性、自分の嗅覚、心が自然に向かう方向、そういったことも知らぬ間に学んでいる。直接的な関わりの中でのほんの一寸したこと〜和顔施、無畏施というものも思いのほか嬉しかったし、程度のいい人情の働く場というのはいいなぁというのも感じた。チラシやポスター持参は自分の住んでる地域の図書館ばっかりで、他には道の駅、コンビニ…で、私の係わりや行動範囲の狭さも解った(笑)。そして狭くて足りている事も解った(笑)。


posted by 村のトイレ屋 at 15:46| 山口 ☀| Comment(0) | 3・18小出裕章さん講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。