2012年02月02日

小出裕章さん講演会は、自転車に乗って行こう!

「放射能汚染と子どもたち」「3・11以後の新しい世界」について語ってもらう小出裕章さんが、自転車好きなことは、よく知られています。
毎日放送『なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・"異端"の研究者たち〜』の冒頭にも自転車で職場に
乗り付けるシーンが写っていました。(YOUTUBE で検索)

化石燃料と電力に依存しない新しいライフスタイルは、自転車をどう乗りこなすかでしょう。

宇部市渡辺翁記念会館は、国の重要文化財に指定されているすばらしい建物です。
でも、市街地にあるため駐車場が狭いことで有名。入るのも、出るのも一苦労です。
そこで考えました。近くの人は、自転車で会場に行く。
さあ、乗って行けるその範囲、距離、同心円をどこまで広げられるでしょうか。

宇部市民の自転車力は、さあ、どんなものか。問われていますね。

小出裕章さん講演会は、自転車に乗って聴きに行きましょう!
これで駐車場の狭さを心配しなくてすみますよ。
3月18日、午後1時から宇部市渡辺翁記念会館です。

その頃は、ポスターの絵のように春風になっていますように!




posted by 村のトイレ屋 at 08:54| 山口 ☁| Comment(0) | 3・18小出裕章さん講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。