2006年09月29日

肥溜めの情報

昨日の福賀中学校は楽しかったですよ。
作業室はとても広くて道具もそろっていて
木村さん指導の木工作品がありました。
在来建築のよさに木の文化・・・日本のよき伝統を
つなぎたいものです。

日本の伝統といえばもうひとつ、
「肥溜めと畑の関係」を忘れては困ります。
し尿を土壌に還元する。土壌から植物へ。植物から人間へ。
この過程に無駄(捨てるもの)がありません。
循環型社会にとって大事な要素です。
現代風に言えば「嫌気性処理と土壌処理の組み合わせ」という優れた農家の知恵です。

ところで、肥溜めって、何?
という世代が増えてきました。
見たこともない、聞いたこともない、という世代が農村でも
出てきています。

やはり写真を撮って残しておかなければと思い始めて
います。もし、見かけましたら私宛に連絡してください。
普通の人が、肥溜め写真を集めるといえば
「変な人」といわれるでしょうが、
私の場合は、職業的必要性と使命(?)がかかっていますからおかしくないばかりか当然集める必要があるのです。
古民家や萱葺き屋根の写真にくらべれピシッと決まらないような、雰囲気もあるけれど、まあいいでしょう。

情報をお持ちの方、よろしくお願いします。

posted by 村のトイレ屋 at 08:36| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然浄化法-タイと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック