2011年03月15日

幸せトイレ作りからの見える未来型社会 タイの実践

すでにお知らせしましたが、
私のタイでのトイレ作りの報告の場を
橋本嘉美さんが、設定してくれました。

3月17日 @午後2時〜   A午後7時〜
宇部常盤湖ユースホステル

そのチラシが、出来ていますので添付します。
ご利用ください。

なお、当初は、ほとんどの時間をタイのトイレ作りの実際を
細かに報告する予定でしたが、それは少し減らし、
東北巨大地震と津波、さらに福島原発事故などについても
十分な意見交換に時間を割きたいと思っています。

私の持論は、すでに何回も書いていることですが、
自然の摂理に沿って生きること、
とくに土を基準にした文明への転換、
糞尿であれば、土壌へ戻すこと、
タイはその実践の一部です。
そこで学んだことをなんとかまとめて報告したいと思っています。

質問やご意見を用意してご参加いただければ幸いです。

110317Ube-houkokukai.pdf


posted by 村のトイレ屋 at 22:33| 山口 ☁| Comment(2) | NPO法人シャンティ山口の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
水沼朋子と申します。
今、タイのサンカブリにある孤児院で働いております。
バンコクで教師をされている飯村浩先生からのご紹介で、シャンティ山口様の活動を知りました。
とても素晴らしい活動に感激しています。
私は『NPO法人輝くいのち』に所属し、現在、タイのサンカブリにある孤児院の近くに学校を建設する仕事に携わっています。
これから校舎や宿舎を建設していく段階なのですが、トイレをどのように製作するか、飯村先生に相談したところ、シャンティ様をご紹介いただきました。
そして、私達も、シャンティ様が普及されている、バイオトイレをぜひ作りたいと思うようになりました。
もし可能であれば、ぜひご教授願いたいと思い、ご連絡させていただきました。
ご検討よろしくお願いいたします。
Posted by 水沼朋子 at 2011年12月17日 15:31
コメントありがとうございます。
お役にたてばうれしいです。
別途、連絡させてもらいます。
私は、今度は2月上旬にタイ現地に行きます。

Posted by へちまや(安藤) at 2011年12月19日 22:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。