2011年01月09日

東京の下水道の話題ふたつ、同じことの別の現れ

同じことの別の現れだと思います。

一方は、有毒ガス、
もう一方は、リンの資源回収。

糞尿の集積と廃棄が、都市下水道の宿命。
でも、無理にそんなことをしなくても成立するはず。
水処理倶楽部の識者の見解を待ちたい。

●毒ガス発生のニュース。
NHKニュース 有毒ガス 下水ごみ化学反応か、映像あり
http://nhk.jp/N3te5ZlX

有毒ガス:東京都下水道局の汚水ろ過施設の土のうから、
東京新聞:
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011010890070513.html

他に各紙。下水道管の清掃汚泥のようだ。

●資源化のニュース。岐阜県に続くものとか。
東京新聞:下水汚泥からリン回収 「都市鉱山」に活路
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011010890070513.html
posted by 村のトイレ屋 at 15:27| 山口 ☁| Comment(0) | 水処理倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。