2006年04月26日

タケノコはオカラで保存

先週末から、あったか村加工センターにも、裏山にタケノコが生え始めました。
瀬戸内よりも遅いので、土産に持参してもあまり喜ばれません。
で、保存法を聞いてみると意外と簡単でした。
オカラと塩同量をタケノコの半割りしたものに入れて重ねる。
重しはとくに不要とのこと。
1年はもつそうです。

渡辺さんはやってみると言ってタケノコを掘って帰りました。
オカラは、山羊を飼っている幸せ、豆腐屋さんからたっぷりいただいています。山羊羊からちょっと分けてもらえます。
よかったら立ち寄ったついでに掘ってお帰りください。
もちろん山羊には一言断っておいてくださいね。

posted by 村のトイレ屋 at 20:30| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック