2010年11月17日

水処理倶楽部通信392号を発行しました

水処理倶楽部通信とは、まぐまぐで発行しているメールマガジンです。

以下のような趣旨です。
楽しくて奥が深い汚水処理の世界。水処理に携わる人、関心ある人の情報交換と交流の場。観光地の公衆トイレから、農村、養豚(畜産)排水の分野。下水道、集落排水、合併浄化槽、各種特殊処理法まで。

1999年末に発行をはじめました。

原発の温排水問題もテーマに入れる必要もあるようです。


呼びかけ人にして、初代編集長は、私です。(えっへん!)
全国にいる倶楽部会員の中から、何人かの編集責任者が、
交代で編集して、
やがて私の番に戻って、現在私が責任者です。

私の番になって、何回か休んで(=さぼって)毎週月曜日発行だったものを
隔週水曜日にしました。(「ごめんごめん、時間がとれんし、内容が浅くなってしまうねよ」「まあ、やめるよりはねえ、のんびりやってください」)

今週号で、392号。
http://bit.ly/bGFOlR
読者数は、1000人余。

今週は、北海道ニセコ町の水源地問題を取り上げました。
中国系資本の水源地の土地買い占め問題。
水資源危機が基礎にあるのでしょうが
もっと別の問題、なにかバブルの感じがします。
自分にはその能力がないので、専門家が、もっときちんと分析しないかなあ〜と投げかけています。


これでは、メールマガジンの宣伝にもなりませんが、
まだ読んだことのない人は、一度バックナンバーを眺めてください。
もちろん、良ければ読者登録してください。




人気ブログランキングへ
posted by 村のトイレ屋 at 08:33| 山口 ☁| Comment(0) | 水処理倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。