2010年10月07日

流域首長の座談会、筑後川

西日本新聞にこんな記事が。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/202057

水源の森林どう守る 筑後川流域4首長座談会
================
フェスティバルの開催地、九重町の坂本和昭町長は「資産価値が下がった山を売りたがっている人は多く、今のうちに、例えば、自治体が買うなどの行動を起こすべきだ。流域全体でも協議が必要」と訴え、佐藤市長は「相続の問題もあり、国を入れて森を管理していくシステムを作るべきだ」と話した。
=========================

流域が抱えている問題の共通性。
厚東川流域では、どうなのだろうか。
同じ水を飲むもの。住民間の連携はどうつくられているのだろう。



posted by 村のトイレ屋 at 07:39| 山口 ☀| Comment(0) | 小野湖・産業廃棄物処分場問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。