2010年10月01日

「慰霊の日」のつどい、中国残留婦人交流の会

SN3G0583.jpg



今日、山口市の瑠璃光寺本堂で行われた。19回目を迎えるという。昨年に続いて参加した。大学でお話を聞いて以来のご縁である。
磯野代表の挨拶が強く印象に残った。

「私たちは死者の魂を引継ぐという祈りの習慣を持っています。近親の 隣人の 民族の死者の魂を引継ぎ 彼女らの代わりに2度と死者たちの魂が踏みにじられないように誓っていく。これが慰霊祭です。」

時間がなくて、後半の懇談会に参加できなかったのは、残念だった。


昨年のメモ
http://atta-an.seesaa.net/article/130277975.html



posted by 村のトイレ屋 at 23:49| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。