2006年03月27日

滑(なめら)峡ウォーキングで木製仮設トイレ

昨日3月26日、山口市徳地町で滑(なめら)峡ウォーキングが、行われました。(主催:山口市徳地総合支所経済課)
森林のセラピー効果を確認する試みでした。
そこで、あったか村制作の間伐材を利用した木製仮設トイレ利用していただきました。小規模イベントで、自然の生態に配慮が必要な場合にお役にたちます。「木でできているところがとてもすばらしい」「トイレがあると聞いているだけで山中では気持ちが楽になる」と感想をいただきました。
クリックすると拡大されます。

namera00.jpg

namera01.jpg


あったか村製間伐材仮設トイレの詳細は、こちらでご覧になれます。
posted by 村のトイレ屋 at 08:02| 山口 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然浄化法-タイと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック