2010年05月07日

映画「祝の島」を観ました


「祝の島」(ほうりのしま)
昨夜の宇部上映会で観ました。

とてもすばらしい映画でした。
全編に溢れるおおらかでたくましい哄笑。
私は、入学式の場面以外は、あったかく包まれて一緒に
笑っていました。

このすばらしい笑いの源泉は、どこにあるのでしょうか。

「時を越えて、昔のひと、未来のひとのことを中心に語る特徴が島のひとにはある」(上映後の纐纈監督の話)ということと関係あるのでしょうね。

過去から引き継いだ営みを大事にする。
未来1000年に繋がる命を大切にする。
その人たちのどっしりとした腰の据わった生き方を
知ることが出来ました。

参考:
http://www.hourinoshima.com/
posted by 村のトイレ屋 at 17:32| 山口 | Comment(0) | 行事の予定:遊び、学び、遊ぶ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。