2010年04月05日

竹細工を習うなら、阿武町福賀で、

あったか村についての記事は、
GAZZOO 阿武 にも書いています。
http://gazoo.com/G-Blog/ABU_MURA003/index.aspx
ときどきは、覗いてください。


竹の籠を編みたいというひとは、阿武町福賀で習うといいですよ。

移住してきたTさんに聞いた話です。

「福田に竹細工を教えてくれる人がいたので
3日間通って教えてもろうた。
厳しく言われたが、なんとか作品をふたつ作ることが
できた。それにしても、まあ、すごい人が阿武町福田には
いるもんやねえ。」

 関西弁でもっと賑やかにしゃべってくれたのですが
詳細は略します。

 Tさんは、昨年10月、阿武町定住ツアーで訪れ、あった村にもきたひとです。

奥さんの「ハヨ行こう!」
という一言で阿武町へ移ってきたそうです。

 その竹細工の先生は、福田では知らぬ人のいない有名なひとです。

あったか村でも、講習会をやってもらいました。取材しにきたテレビのカメラマンが、「はまってしまって」終日教えてもらったというエピソードもあります。

 津和野の道の駅に竹細工コーナーがあり作品陳列と実演をやっていますが、「どこで教えてもらえるのですか?」と聞いたら「どこからきたの?」と聞かれ、「阿武町から」と答えると
「竹細工習うなら福田が本家だろう」と言われてショックを受けたことがあります。

 炭焼き窯ができたら、冬の終日、窯番をしながら籠を編んだりするのもいいかもしれませんね。

 それまで待てない人は、あったか村に来ていただくか、
阿武町福田の誰かに聞いたらすぐに教えてくれると思います。

(注)売店「福の里」に竹製品の実物が陳列されています。

posted by 村のトイレ屋 at 09:24| 山口 ☁| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。