2010年01月08日

1月14日炭焼き窯の見学会

あったか村・のんたの会からの案内です。

  20年使われている炭焼き窯の現地見学会

とき:1月14日(木) 正午 集合 午後4時解散
ところ:集合場所 秋吉台オートキャンプ場 (美祢市美東町景清洞前)
コース:長門市三隅、美祢市秋芳町など数箇所の窯を巡ります。
解説・案内:阿部兼次さん(山口県薪炭組合副会長)、山縣さん(同理事)

参加費:無料です。
主催:のんたの会炭焼き部会
連絡:安藤  携帯 080-6331-0960

弁当を持参するか、食事を済ませてきてください。
軍手持参、防寒対策はしっかりしておいてください。

オプション:土壌と木炭を使った水処理設備(キャンプ場など)も案内します。

=====================

炭焼き窯つくりと炭焼きは、「田舎の文化と極上の贅沢を味わい尽くす」取り組みです。
昨年、10月18日の森の中のJazzコンサートのプレイベントで簡単な説明会を行ないました。
20名の予定に40名を越える人たちが集まりました。

そのとき、講師をしていただいた阿部兼次さんに自分の窯と山縣さんの窯を案内してもらいます。
山口県では、防長2号型というのが定番ですが、それを改良した「平井式」という窯です。
もう20年焼いており、立派な茶炭を生産・販売しています。
その窯を見学して、炭焼き窯の実際をみて、いよいよ私たちの窯つくりを始めます。

実際に体を動かして自分たちの手でつくります。

昨年秋のジャズコンサートのプレイベントで行なった炭焼きセミナーでは、次のような感想が寄せられました。

「山の中のジャズもいいが、そのジャズを聴きながら、気のあった仲間と炭を焼くのは、もっと楽しいだろうなあ。山に1週間でも10日でも滞在できれば、これ以上の贅沢はないと思うよ。年に一度はそういうことをしたいなあ」

「男の隠れ家の定番は、蕎麦打ちだけど炭焼きはそれ以上にロマンを感じるね」

「木を伐って山に放置せずにエネルギーとして使う。山の賑わいを取り戻し、木を植える文化を育てるための節目は、炭焼きだ。」

「田舎暮らしの基礎に炭焼き窯つくりをぜひマスターしておきたい」

こんな声を受けて、私たち、あったか独自のプログラムにしていく計画です。ご期待ください。

あったか村福賀のある桑谷集落は、県下有数の木炭産地でした。伝統の文化が残っています。また現在、阿武町福賀地区が、田舎暮らし体験とスローツーリズム、定住促進の先進地です。これらの条件が生かしていく取り組みです。

炭焼き窯つくりは、(財)やまぐち県民活動きらめき財団の助成を受けている事業です。
http://homepage3.nifty.com/kirameki/page2.htm

現地見学会のあと、3月頃まで集中的に作業を行います。
作業は、当面毎週、水曜日、木曜日に行ないます。土日参加希望の方は連絡ください。
このプロジェクトの作業は、有償制で行ないます。
ぜひ、プロジェクト全過程にご参加ください。

posted by 村のトイレ屋 at 14:29| 山口 ☁| Comment(0) | 行事の予定:遊び、学び、遊ぶ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。