2009年10月28日

スズメバチトラップ:森の中のコンサートニュース16

10月13日にスタッフが集まって
スズメバチのトラップをつくりました。
5ヶ所に配置。

酢:酒:砂糖を1:1:2 で入れたものです。

ペットボトルの壁に穴をあけ、切った部分は、外に張り出て雨水が
入らないようにひさしにしています。

通路沿いに巣がふたつ見つかって、措置したのですが

コンサートの当日は、スズメバチの被害はまったくありませんでした。


suzumebachi-02.jpg



suzumebachi-01.jpg



写真は、四阿(あずまや)の小川側。
クリックすると拡大されます。



クリックで応援してください。
banner-s_02.gif



posted by 村のトイレ屋 at 08:14| 山口 | Comment(2) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スズメバチは中に入って出てこられなくなっちゃうんですか?
酔っ払っちゃうんですか?
構造的に出てこられないんですか?
これ、いいですねぇ。
現場でスズメバチの巣がちょっと遠くにできちゃったところがあったんですけど、巣を見つけたり、除去したりするまでの間はこういうもので対処するとよさそうですね。
Posted by くじら13号 at 2009年10月31日 13:12
なぜ出られなくなるのか?
滑るのか?
酔って動けなくなるのか?
溺れるのか?

まだ口を聞く関係にないので
わかりません。

写真を撮ったときは、壁が滑って飛び立てないようでした。

1週間くらいすると発酵するので効果がますようです。よく集まってきます。

春に設置するとその近くには、
巣をつくらないようになるとものの本には
書いてありました。
「現代農業」の7月号(?)、
ミツバチ特集に乗っていました。
Posted by へちまや(安藤) at 2009年10月31日 18:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。