2009年09月24日

祝島・上関原発をめぐって>母親たちの申し入れ

以下のような「申し入れ」を山口県の母親たちが県知事に行うそうです。
一緒にいく人を求めています。

私は、
1、閉鎖性水域の瀬戸内では、温排水の影響と放射能の蓄積が心配
2、危険性のない海で子ども達を泳がせたいという母親の願い
3、原発に頼らない安心安全な県政を求める
この3項目に賛成です。

申入書全文を転載します。

==========================

「申し入れ書」


上関原発計画、そしてそれに関わる埋め立て工事についてお願いがあります。

わたしたちは、小さな子供を持つ母親です。
山口県の豊かな自然が大好きで、これからもずっと住みたいと思っています。
子供たちが安心して遊び、暮らせる環境があること、それこそがわたしたちの一番の願いです。
子どもたちの未来のために、私たち大人ができることは何でもしてやりたいという思いで日々過ごしています。

中国電力による原発計画は、28年前から現地の上関町や祝島の方々の反対により、予定が進まず、このままできないものと安心していました。
ところが、去年になって急に計画が進められ、不安に思っています。
原発のこと、現地のことを知れば知るほど、この計画が無理なものに思われてきます。
現在、上関町のみが原子力発電所の是非について、問われていますが、原発の影響は、広範囲に及びます。
山口県民、また近隣の県の方たちの思い、考えも尊重されるべきではないでしょうか。

予定地は、活断層もあり、埋め立てする場所は砂地です。
豊かな自然が残っていて、希少動植物も数多く生息し、古い遺跡もあると聞きます。
しかし、ニュースを見る限りでは詳細調査が十分に行われているとは思えません。
先日、民間団体が発見した野鳥については調査さえされずに埋め立て工事に着工しようとしています。

また、瀬戸内海は、四国や九州など陸に囲まれた海のため、海水の入れ替わりが少ないため、温排水による温度の上昇や放射能の蓄積も他の地域にある原発と比べて、影響(被害)が大きいと聞きます。

なぜ、そんな所に原発を建てようとするのでしょうか。

わたしたちが子供に見せたいのは、原発ではなく、そのままの自然です。
原発のない海で遊ばせたいと思っています。
放射能や高圧の電磁波を恐れず暮らしたいと思っています。
そして事故が起きる可能性は0ではありません。
日々、不安をかかえながら生活するのは嫌です。

近隣の住民でさえ、万が一の時の避難方法さえ聞かされていません。
炉心がまだ決まっていないからだそうですが、炉心の設置許可さえ下りていない原発に、埋め立て許可を出されたのは、早すぎたのではないでしょうか。

埋め立て申請の許可を取り下げ、原子力発電所の計画を白紙に戻し、知事が提唱されている、安全安心で住み良い山口県に向けて、新たな方向性をぜひ示して下さるようお願いします。
今では、太陽光発電などの自然エネルギーの技術も発展してきています。
多くの人が安心に暮らせるための選択肢は、たくさん用意されています。
原子力発電所に頼らない、県政を!
安全 安心で住み良い山口を目指している知事に 最良の判断を求めます。
どうか、埋め立て許可の取り消しと、原発計画の見直しをお願いします。

山口県在住の母親たち


クリックで応援してください。
banner-s_02.gif


posted by 村のトイレ屋 at 20:08| 山口 ☀| Comment(3) | 水処理倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

リンクさせていただきました。
民主政権で変わりますように。
http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10350561967.html#main
Posted by 電磁波問題 at 2009年09月26日 01:45
こちらこそリンクありがとうございます。
平生・田布施で電磁波の集まりが今日(27日)あるのですね。
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090925ddlk35040432000c.html

この記事にはびっくりしました。
========
玄海原子力周辺で白血病が多い

 昨日の私の一般質問で、玄海原子力周辺で白血病が多いことを質問しました。
 厚生労働省の「人口動態調査」によると、人口10万人に対し全国は6.0人、佐賀県は9.2人、唐津保健所管内は16.3人、玄海町は61.1人と全国より11倍も多いことが判ったからです。(略 記事の続きはURLをクリック)

http://blog.goo.ne.jp/kmjcp/e/93b088957884693635f5faf568a9d0ed

浦田関夫さんのページ

http://web.people-i.ne.jp/~kmjcp/uratapage.html
=======================

では。


Posted by へちまや at 2009年09月27日 05:43
お母さんたちの申し入れの模様は、ここに書かれています。
安渓遊地さんのサイト
9/25) 上関原発を心配するお母さん達の心からの「申し入れ」と山口県庁の対応
http://ankei.jp/yuji/?n=789
Posted by へ at 2009年09月27日 05:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。