2009年09月11日

国際市民セミナーが、10月3日に

化学物質過敏症の治療・研究の国際的な最前線のレポートが聞けるようです。
今朝の毎日新聞に載っていました。
10月3日(土) 東京・国際協力機構研究所
ドイツ、アメリカから研究者を招いて。

案内サイト
ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
http://www.kokumin-kaigi.org/event/event_p2.cgi?action=html2&key=1

チラシに
===========
※化学物質過敏症・電磁波過敏症発症者の方々
のご参加も予想されるため、参加者は化粧・
香水等は控え、クリーニングしたてや防虫剤
のにおいがする衣服はご遠慮いただき、喫煙
者は当日だけでも禁煙していただきますよう、
できるだけご協力ください。会場では携帯電
話の電源をお切りください。
==============
と書いてありました。

ご参考に。

posted by 村のトイレ屋 at 07:35| 山口 ☀| Comment(0) | 化学傷害(化学物質過敏症) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。