2009年06月12日

化学物質過敏症、健保適用へ>毎日新聞

昨日も書いたことですが
「医学的に統一した見解が確立されていない」(厚生労働省)という見解によって、化学物質過敏症は、病名としてみとめられず
全国の病院では、門前払いで追い返されるか、
別の病気にされたり、「サボリだよ」という扱いを受けてきました。

今朝の毎日新聞によると(西部本社、新13版)
健康保険の病名に加えられる可能性が高くなったとのこと。
電子カルテルシステムと電子化診療報酬請求書(レセプト)に
化学物質過敏症が新たに登録され、
このリストに連動する健康保険扱いの病名となり、自己負担だった治療費が保険適用となる、とのことです。
この改訂・実施は、10月1日になる模様です。

昨日紹介した岡山大学病院の設立趣意書には、保険適用と書かれていました。その先駆けになる措置ですね。

この点でも、すばらしいですね。

新聞のインターネット版、他紙については未確認です。



クリックで応援してください。
banner-s_02.gif

posted by 村のトイレ屋 at 08:42| 山口 | Comment(1) | 化学傷害(化学物質過敏症) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎日新聞ネット版
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090612-00000009-mai-soci
ここで全文を読めます。
Posted by へちまや at 2009年06月13日 06:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。