2009年06月11日

化学物質外来オープン>岡山大病院

岡山大学病院のホームページから
 

職業性の化学物質曝露者が診察項目にあります。
 保険適用です。

 設立趣旨に
 「化学物質による体調不良も見受けられるようになりました。
これらは明確な診断基準や治療法が定まっておらず,また臨床検
査などを行っても必ずしも異常値にはなりません。そのため,病
院で適切な対応・診療を受けられず,外来を転々とする方もおら
れるようです」と書かれています。

 各県の大学病院に広がればいいですね。

 以下、コピーです。(改行しました)

============================
化学物質外来について  平成21年5月12日開設

設立趣旨

 現在,わが国の産業界で使用されている化学物質は50,000種類を
超えていると言われています。化学物質を取り扱う作業も多岐にわ
たる中で,化学物質による職業性疾病の発生は依然として後を絶た
ない状況にあります。

 それ以外にも,昨今は「シックハウス症候群」,「化学物質過敏
症」のように一般の人々の化学物質による体調不良も見受けられる
ようになりました。これらは明確な診断基準や治療法が定まってお
らず,また臨床検査などを行っても必ずしも異常値にはなりません。
そのため,病院で適切な対応・診療を受けられず,外来を転々とす
る方もおられるようです。

 このような化学物質による傷病に重点を置いた外来を設立するこ
とにより,化学物質による疾患が疑われる患者様のサポート,それ
らの疾患の早期発見・早期治療に寄与するため,本外来を設立する
ことといたしました。


対象疾患

 シックハウス症候群とその疑い

 化学物質過敏症とその疑い

 職業性の化学物質曝露者


相談時間と費用

 開設日:毎月第2火曜日 14:00〜16:00
 時間の単位:30分
 完全予約制(下記申込書による予約または主治医からの紹介
による予約。 予約後,当院から患者さんへご連絡いたします。)

 費用:保険適用
 問い合わせや予約には料金はかかりません。

関連ニュース
 毎日新聞岡山版 岡山大病院:化学物質外来、きょう開設 
過敏症など治療、研究 /岡山
      


クリックで応援してください。
banner-s_02.gif

posted by 村のトイレ屋 at 07:40| 山口 ☁| Comment(0) | 化学傷害(化学物質過敏症) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。