2009年06月02日

熱血テレビに出ます。TSS汚水処理システムが。

KRY山口放送、熱血テレビという番組です。
放送は、6月3日午後4時50分〜5時50分のどこかで。
環境ウイークの特集のひとつです。8分間程度とのこと。
主役は、私でなくて、私がお手伝いしたトイレシステムの設置施設です。
テーマは、「肥溜めと畑の智恵を現代にいかす」です。

江戸時代に確立した「肥溜めと畑の智恵」とは、屎尿を肥料として農地に戻すものでした。それは古臭いものではなくて、現代にいかせば循環型社会の基礎になるものです。

秋吉台カルストロードの長者ケ森公衆トイレ(2003年工事)、景清洞前の秋吉台オートキャンプ場(1994年工事)、仁保山中の安渓遊地さん宅(1995年工事)などの事例を写しています。宇部の海水浴場(東岐波、1996年工事)は時間の関係で廻れませんでした。いずれも、処理水を河川・湖沼・水路・海に流さない無放流方式です。

この原理をタイの少数民族モン族の支援にいかして、農村山村の衛生環境の改善をすすめているのが、シャンティ山口の活動です。
住民の参加と地元の技術、地域のの資材とくに自然素材の活用、さらにメタンガスの燃料利用などを追加して、「肥溜めと畑の智恵」をさらにバージョンアップしています。その様子は、美東町大正洞前の写真ギャラリィ「写創蔵」で展示しています。

転換が必要なのは、屎尿を「廃棄物」としてお金と多くのエネルギーをかけて「処理」することから、「資源」として活用することです。発生源で小さく分散的に、極力エネルギーを使わないで、水と肥料、資源としていかすことです。

循環型社会の方向として、「後進国」で作られたモデルが、「先進国」のエネルギー多消費で、廃棄物としてしかみない方法にとってかわるときがやがてくるでしょう。また、たぐり寄せたいと思っています。

そんなことをいいたかったのですが、さあ、どこまで伝わっていますか。関心ある人は、是非ごらんください。
いつもは、ほとんどの人が、それと気づかないところなので見るだけでもおもしろいでしょう。
放送時間が食事前なので、相応の配慮はもちろんしております。



クリックで応援してください。
banner-s_02.gif



posted by 村のトイレ屋 at 10:34| 山口 | Comment(0) | 自然浄化法-タイと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。