2009年03月25日

松山からの呼びかけ>放射能による汚染に警報

安渓遊地さんのページから一部引用します。

瀬戸内海が放射能に汚染されることへの警告。
愛媛県議 阿部悦子さんの呼びかけ。

●松山に集まろう)4/28-5/2上関・伊方写真展のご案内
http://ankei.jp/yuji/?n=676 
===========
4月28日から5月2日までの5日間。29日には長島の自然を守る会の高島さんと元「南海日日」記者の近藤さんが会場でお話をしてくれます。

伊方と上関は、たった60キロしか離れていないことをご存知でしょうか。また原子炉2基を積み込んだ空母艦載機部隊が、米軍再編にともなって、岩国に移転してくる計画も進んでいます。まさに、瀬戸内海が放射能まみれになろうとしています。
============

●阿部悦子さんの愛媛県議会で討論

<プルトニウム(MOX)燃料、武装して輸送中>

 さる3月6日未明、機関銃で武装した輸送船が原発のプルサーマル用に加工されたMOX燃料を積み、市民団体の抗議の中、フランスから日本に向けて出港しました。ちなみに機関銃で武装しなければ運べないような燃料は世界中で、MOX燃料以外にはありません。これは燃料の中のプルトニウムが簡単に分離でき、核兵器に利用されることを警戒してのことです。ことほど左様に「プルトニウム」とは恐ろしい物質です。この輸送船は5月には日本領海に入り、やがて伊方発電所にMOX燃料が下ろされる予定です。県民が危機感を抱いている伊方原発でのプルサーマル計画が、いよいよ具体的な形となって動き出しました。

<人類が遭遇した最悪の猛毒物質>

 そもそも原発ではこれまでウラン燃料を燃やしてきましたが、プルサーマルとは、使用済み燃料から抽出したプルトニウムをウランに混ぜ合わせてMOX燃料を作り、今までと同じ炉で燃やすことを言います。「プルトニウム」というのは、「人類がこれまで遭遇した最悪の猛毒物質」だと言われるもので、ウランの250倍も爆発しやすいことから、核兵器の材料になっています。
==============

以下は、下記で全文を是非お読みください。

安渓遊地さんのサイト
http://ankei.jp/yuji/?n=677






クリックで応援してください。
banner-s_02.gif


posted by 村のトイレ屋 at 07:38| 山口 | Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。