2009年01月30日

汚泥から金、諏訪

汚泥から金、スワッ!なんちゃって(笑い)

下水汚泥を農地還元できない理由に重金属含有があげられますが
こんなことがあったのか、と驚いています。
でも、これって正常?

以下、毎日新聞から一部引用します。
================================
諏訪・終末処理場:汚泥に金 メッキ工場排水から流入か

県と、県が汚泥活用法の調査を委託した日本下水道事業団によると、金含有量は、焼却灰を高温で溶かした際に飛散する「溶融飛灰(ひばい)」が1トン当たり1890グラムで、優良な金鉱山並みだった。諏訪地方には精密加工工場が多く、周辺の金メッキ工場の排水に金が含まれていた可能性があるという。
====================================

クリックで応援してください。
banner-s_02.gif

posted by 村のトイレ屋 at 08:00| 山口 ☔| Comment(1) | 水処理倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
mixiで引用させてもらいま〜す。
Posted by くじら13号 at 2009年01月30日 14:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。