2009年01月18日

宿題ふたつ

1、NHKのテレビでキルトの番組をやっているのを妻とふたりで見ていた。
その中に、アメリカのペンシルバニア州のアーミッシュのキルトが出てきて
その解説のなかに「18世紀の生活を自給自足で営んでいる共同体」という説明があった。
ネットで検索して調べてみたが、なぜ共同体が維持されているのか、対外的にはどのような接し方をしているのか、など基本的なことがよくわからない。調べてみたいものだ。

2、原発講演会で藤田祐幸氏の講演を聞いた。
とてもよかった。基調は、原発はすでに終っているということ。
それをむりやりに、原発産業を維持するために
また、原発需要で経済危機を乗り切るために、
新規原発設置に必死になっているという。
ここで疑問に思ったのは、それでもどうして原発にこだわるのか、
本当のところはいったいなにが目的なのか?
国策としてすすめている根拠は、一体なになにか?

もう少し調べてみよう。


クリックで応援してください。
banner-s_02.gif

posted by 村のトイレ屋 at 23:22| 山口 ☔| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。