2006年01月01日

年を拾う

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

近くの水神さんに行って、オミクジを引いたら
「焦らず騒がず静かに身を守ってゆるゆる進めばよし」
とありました。ゆっくりでいいらしいですね。

さて、山口では、年齢を重ねることを
「年を拾う」といいますね。
「あの集落は、年を拾った人が多くなって、道普請も
大変になってきたね」などと使われます。
智恵や経験を、人生の道々で拾い集めてきたというニュアンスがあって、面白いですね。
他の地方でも、この表現は使われているのでしょうか。

posted by 村のトイレ屋 at 01:47| 山口 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック