2008年12月27日

クルミ、帰る

ブログをしばらく休んでいました。
以下は、弁解です。
ネット接続を変更したら、私のパソコンからつながらなくなり
慌ててました。パニックになる寸前に、某サポートセンターに
相談して、方法を教えてもらいました。
Window の画面から「スタート」→「ファイル名を指定して実行」→
「wininpcfg」で確認 「全部解放」 「全部書き換え 」で解決
しました。インタネットをはじめた頃に、何度か使っていた設定
変更の方法でした。すっかり忘れていたのでした。

ブログを休んでいた間に行なってこと。
本来なら書き込んでおきたかったことは、次のようなことです。
12月22日(月) 地域と地球を考える研究会を大学で開きました。
仲間とゆるやかに作っている研究会です。
今まで2回開いています。カタールに行った院生のレポート、中国
残留婦人のお話です。3回目は、NPO法人シャンティ山口の佐伯昭夫
さんの話を聞きました。シャンティ山口の創設から15年の活動を
聞きました。水道埋設の話しはとても興味深く、時間が足りなくて
次回もう一度佐伯さんに来てもらうことにしました。

12月23日から25日までは、県立大学国際文化学部の学部2年生の集
中講義で「文芸創作」を受講しました。講師は、児童文学者の村中
李衣さん。実作のポイントを教わり、創作で学生の作品に触れ、10
代後半くらいの気分になった脳内洗浄でした。五感再生と言った方が
いいかもしれません。「闇を描く」がテーマで景清洞に入り、体感後
着手しました。

26日(金)は、田布施農業高校に預けていたこぐま保育園のクルミを
迎えに行きました。12月3日に預けました。Y先生によると着いた翌
日発情して、妊娠は間違いないだろうということでした。羊は、少し
ずつ飼う人が増えているそうです。交流会・交換会、または山羊との
合同で市場を開きたい、などの話題になりました。
クルミは、軽トラで運びました。どれだけの人に笑顔で指差され、携
帯のカメラを向けられたことでしょう。シャッターを向ける人には、
すまし顔になるのが、おかしい。なーるほど、これが「カメラ目線」
というものか、クルミもその世代なのか、羊にも伝播することを確認
しました。

ブログは、再び書いていきます。

クリックで応援してください。
banner-s_02.gif








posted by 村のトイレ屋 at 12:05| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。