2008年12月16日

駑馬

    駑馬だった
    働いた

    働いた
    駑馬だった
     
       堀口大学 自像

 三好達治随筆集をぱらぱらと読んでいたら、紹介されていました。
 「言の短く意の長いのは詩の取柄」と述べ、「短詩の見本」と書かれています。『三好達治随筆集』(岩波文庫) 214ページ
 駑馬(どば)とは、足ののろい馬のこと。駿馬(しゅんめ)の反対。

 さて、そこでパロディをつくってみましょう。

    山羊だった
    草を食べて暮らした

    草を食べて暮らした
    山羊だった

 ・・・他につくった人は、コメントでも、ご自分のブログでも
発表してください。もちろん遊びのひとつですよ。 


クリックで応援してください。
banner-s_02.gif
posted by 村のトイレ屋 at 08:14| 山口 ☀| Comment(0) | 本の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。