2008年12月04日

木炭と水処理

木炭と水処理の文献(メモ)

岸本定吉監修 池島庸元編著
『炭博士にきく木炭小史 炭人たちへ』
6章 残したい利用技術
 3節 木炭を利用した汚水浄化槽 142p〜146p

製造・開発:(株)小林研究所(山口県下関市)
 下関市の林業家・木原宇一氏が設立。
施工設置場所:福岡県久山町(当時の町長は、小早川新氏)
水質検査表と断面図あり。表は、1972年のもの。

木炭は、岩手県産のミズナラ黒炭をわざわざ取り寄せた。
ヨーロッパで浄化材に小石が使われていたこと、木炭と小石の比較の記述あり。

☆木炭と水処理について利用・設置事例など具体的な知見をお持ちの方、ご教示いただければ幸いです。



クリックで応援してください。
banner-s_02.gif


posted by 村のトイレ屋 at 23:39| 山口 ☔| Comment(0) | 水処理倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。