2008年11月23日

うぉーくの動画(NHK)

11月22日のNHKニュースは、午後6時〜からでした。
動画をここでみることができます。
http://www.nhk.or.jp/news/k10015550581000.html#
酸素ボンベを用意したが使わずにすんだそうです。

新しい一歩が開かれましたね。
「化学物質過敏症という病気がある!」
そのあらわれは、各人さまざまだけど、一度ある化学物質に損傷されると他の物質に反応するようになる。けっして、「気分屋」「わがまま」あるいは「気持ちの問題」ということではなくて、はっきりと病気なんだということ。
化学物質が氾濫する現代社会では、誰でもかかる病気なんだということ、
だから、一方で、病気としての研究が必要なこと、
また、それぞれの状況に応じた避難と対応が必要だということ。

私たちの、あったか村も田舎暮らしとスローライフの場所として村つくりを行なってきましたが、その一部として、もうひとつのグリーンツーリズムとして、避難住宅・避難場所の確保を追及してきました。
村田さんをはじめ化学物質過敏症のみなさんから、多くのことを学んできました。でも、まだまだ、不十分で多くの人のご協力を仰ぐ必要があります。

2008年11月22日・・・東京・渋谷のうぉーくからはじまった。
今回は、直接参加できませんでしたが、参加された方の表情やmixiの書き込みから気持ちを共有できます。初心・原点に立ち返って、ゆっくりではありますが、村つくりをすすめたいと思います。

多くのみなさんのご協力をお願いします。


クリックで応援してください。
banner-s_02.gif

posted by 村のトイレ屋 at 08:54| 山口 ☁| Comment(2) | 化学傷害(化学物質過敏症) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
知ってね☆うぉーくも大成功でした。
多くの皆様のご声援のお蔭です。
感謝です。
今回は、反対や抗議活動ではない知ってね☆うぉーくという形にしましたので、うぉーく終了後の参加者の皆さんの笑顔が印象的でした。
大勢の発症者の仲間が、こうしたアピールする場所を求めていたのを実感できます。100人を越える参加者をいただけたので、大きなアピールになったと思います。家から出られない多くの発症者の気持ちも代弁できたのではないかと思っています。
今回のうぉーくをスタートに、一気に化学物質過敏症の認知度が上がる活動をして行けたらと思います。
ありがとう御座いました。
Posted by ぼやきの村田知章 at 2008年11月23日 09:21
村田さん
出る場のなかった「ぼやき」を集めたら
大きな水源になりましたね。
大河となって世論をさらに動かしますように!

一段落したら、のんびりしと
あったか村に遊びにお出でください。
お待ちしています。


Posted by へちまや(安藤) at 2008年11月23日 18:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。