2008年06月03日

本>上幸雄著『ウンチとオシッコはどこへ行く』

上 幸雄 『ウンチとオシッコはどこへ行く』 不空社 2004年12月

下水道と浄化槽の問題点  (放流、汚泥)

 この本の著者は、日本トイレ協会の理事長である。
 だから、トイレのウンチク(蘊蓄)話は、豊富である。
 この本にも、たくさんのコラム欄を作ってたっぷりと語ってくれている。
 だからといって、日本トイレ協会が、とトイレの蘊蓄話を集めているところと勘違いしてもらっては、困る。トイレを柱に、環境と文化を考え活動していこうという行動的なグループである。毎年の全国トイレシンポは有名である。また、阪神淡路大震災のときの活躍も知られている。また、上さん自身環境部門の技術士である。
 さて、上さんが本を出していた。
 手にする機会があったので読んでみた。
 
 蘊蓄部分が凄いが、これは各自で読んでもらうとして、私は、核心的なところをメモしておこう。それは、現在の下水道・浄化槽の問題点を「ズバリ!」と指摘していることだ。
 
 し尿は、どう処理しているか、の項  p42〜
 
 ・・・「どの方法をとるにしても、処理場や浄化槽から出てくる排水は、最終的には川や海に流れ出ていくことになる。
 また、処理場や浄化槽からぼうだいな量の汚泥という廃棄物が発生する。それらは内陸、または沿岸の埋立処分場に埋め立てられる。
 処分場を長持ちさせ、より衛生的に処分するために汚泥の一部は焼却されたあと、処分場に持っていく。」
 
 日本では、また「先進国」では 下水道普及率が、都市化・近代化のバロメーターになっている。そこでは、ここで指摘されている問題が例外なくある。
 つまり、1、処理水を放流して海や川を汚していること。
     2、汚泥が発生してゴミ処分場に運ばれていること。

 焼却されることもあるから、そのために使う燃料や二酸化炭素の問題も当然含まれてくる。

 どうして放流しては、いけないのか。
 上さんは、次のように書いている。   
 「ペットボトルの水がなぜ売れるようになったのか」と自問して
 「水道水がまずくなった結果ではないかと思う」と書いて
 「その原因は、河川の汚れなどで水道水源が年々悪化しているうえに・・・(略)
 水洗トイレに起因する窒素、リンの公共水域への流失、環境ホルモンによる汚染、」を理由にあげている。

 また、下水道の問題点として、下水道整備にともなう経費負担の問題をあげている。 
              (つづく)





クリックで応援してください。
banner-s_02.gif




posted by 村のトイレ屋 at 03:00| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然浄化法-タイと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック