2008年06月27日

1000のトイレプロジェクト

こんな記事がありました。

銀座経済新聞
http://ginza.keizai.biz/headline/714/
必要なトイレと水処理システムの普及の方法の工夫ですね。
さしあたり東ティモールですが、広い地域で使えそうです。

一部引用させてもらいます。
===================
「千のトイレプロジェクト」−東ティモールのトイレ普及目指し立ち上げ
 王子製紙(中央区銀座4)と王子ネピア(銀座5)は7月1日、日本ユニセフ協会(港区)とのタイアップキャンペーンとして開発途上国のトイレと水の問題を改善することを目的とした「nepia 千のトイレプロジェクト」を開始する。

 同プロジェクトは、世界で毎年150万人以上の5歳未満の子どもたちが汚染された水とトイレの不備による脱水症状などで命を落としている事実を改善しようと立ち上げられたもの。東ティモール民主共和国を支援対象国として、1,000戸の家庭用トイレの建設と15の学校のトイレの建設・修復を行うほか、衛生習慣の普及と定着に向けた活動を支援する。キャンペーン期間中、ネピア対象商品(ティッシュ・トイレットロール)の売り上げの一部は、支援活動のサポート費用に充てられる。
==============================


クリックで応援してください。
banner-s_02.gif




posted by 村のトイレ屋 at 09:00| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水処理倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック