2019年11月03日

原発の初歩的確認。事故を起こすものであり安全ではない。

中国電力は、海上ボーリング調査の許可の申請のときに、
「新しい規制基準に合格するために、安全な原発のために、ボーリング調査が必要である」と述べている。
(NHKのニュースなど参照)

ここでは、2つのおかしなことがある。
ひとつは、新しい原発・上関原発を中国電力は建設することを前提としていることだ。
どこで、3・11以後の事態のなかで中国電力は上関原発を建てることを承認されたのだ。
規制委員会か、経産省か、総理大臣か、山口県知事か・・・私たちはだれからも原発の新設を良しとすることは聞いていない。

第2に、安全のために海底を掘り起こすボーリング調査をやるといっているが、そんなことをしなくても地震大国・日本には原発を安全に事故なく建てられるところがないということは自明なことではないか。最近の台風、水害の多発をどう見ているのか。自然災害ですら私たちは多くの困難を抱えているのに、その避難の対策の最中に原発事故の対策と避難を考えなければいけない。そんな過重な負担はやめてくれ、とすべての防災関係者は思っている。
しかも、原発は福島で証明されたように「事故を起こすものなのだ」。絶対事故が起こらないとは言えないものなのだ。
海上ボーリング調査をしなくても、すでにそのことは明らかになっている。無駄なことはやめてくれ!というのが普通の人の声だ。
その調査は、過去にもそうだったが、多くの「迷惑料」を払わないといけないほど、漁業者の利益を損なうものだ。
「奇跡の海」と言われる田ノ浦一帯の生態系にダメージを与えることも大きな問題だ。

これらのことがあるのに、山口県・山口県知事村岡嗣政氏は、中国電力に許可を与えた。
中国電力と一体となって、尻を押し原発推進に山口県と村岡知事が進む宣言だ。

人は、そんなに簡単に過去のことを忘れることが出来るものだろうか。
まだ10年も経ってていないのだよ。
原発は事故を起こす。安全ではない。極めて危険な、生存を脅かすものだ。
このことさえ知れば、あとどんなことで判断に迷うのだろう。


未来を想像するのは、イマジネーションの卓越した力がいるかもしれないが、
今ある中に過去を想起し知ることは、何も難しい特別の才能はいらないと思うがどうだろう。

今度、11月9日宇部、11月10日周南で講演を行う、原発を止めた裁判官・樋口英明さんは、原発の危険性に向き合うことについて
「算数の足し算・引き算ですむような簡単な問題をわざわざ微分積分で解く必要はないでしょう」と言っている。

私には、中電・山口県が一体となって進める上関原発のことを考えると、

田ノ浦の海に、原発の建物が現れ、それが時をおかずに
事故を起こした福島の原発の惨害と重なってしまう。
みなさんは、どうだろうか?

NHK20191031.png

伊方原発.jpg


東電福島3号機.png


写真は、
1枚目は、田ノ浦の今の写真。NHKのニュース画像から。ここまではっきり見えないが祝島から田ノ浦は見える。(3.8km)

2枚めは、伊方原発の写真。(四国電力のホームページから)。
こんなのが、田ノ浦に出来て、当然祝島からも見えるようになる。
祝島の皆さんは、朝日を拝むときにこの建物をみることになる。

3枚目は、東電の福島原発事故の写真。3号機、海水系ポンプの破壊。水素爆発による建屋の破壊。(東京電力のホームページから)




参考 NHK山口 10月31日のニュース (テキスト部全文)
音声では、祝島の清水さんの談話が消されている。
文字では残っている。
当事者の怒りの声を消すのか、NHKは。

〜〜〜
山口 NEWS WEB

上関原発予定地の調査 県が許可

10月31日 16時40分

上関町で進められている原子力発電所の建設計画を巡り、山口県は、31日、予定地の海域で実施するボーリング調査について、中国電力からの申請を許可しました。
建設に反対する市民団体が、30日、県に許可しないよう申し入れたばかりで、反発が予想されます。

中国電力は、原発建設予定地の活断層の有無について調べるため、海域でのボーリング調査に必要な許可を10月8日に県に申請していました。
これについて中国電力は、31日、県から許可がおりたことを明らかにしました。
これを受けて中国電力では、準備ができしだい速やかに調査に入り、およそ3か月をかけて、沖合およそ200メートルの地質の分析から足場の撤去まで行いたいとしています。
中国電力が上関町で進める原子力発電所の建設計画をめぐっては、東京電力福島第1原子力発電所の事故後、予定地となっている海の埋め立て工事が中断されています。
中国電力上関原子力発電所準備事務所は、「安心で安全な発電所を建設するための地質データを収集し、準備工事の再開に向けた取り組みを進めたい」とコメントしています。
一方、上関原発の建設に反対している5つの市民団体は、30日、代表などが県に出向き、「自然環境や漁場への影響が懸念される」などとして許可を出さないよう文書で申し入れていました。
その直後に県が許可を出したことで、今後、市民団体からの反発が予想されます。

【市民団体「納得いかない」】
30日、申し入れを行った団体の1つ、「上関原発を建てさせない祝島島民の会」の清水敏保代表は、「申し入れからきのうのきょうの許可で、地元に説明もない中国電力と県の対応には納得がいかないし、あきれてしまった。これからも海上ボーリング調査に反対していく」と話していました。

〜〜〜〜


posted by 村のトイレ屋 at 20:16| 山口 ☁| Comment(0) | 脱原発ニュースファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする