2019年07月29日

ついに最悪の決断  トイレの言葉06

いったい、なにがあったのか?

最悪で最後の言葉が張り出されてしまった。

小野田駅の男性和式トイレ

使用中止 閉鎖

緊張が走る・・・

しかし、いったい、なにがあってこうなったのか?


onoda eki 中止閉鎖.jpg
posted by 村のトイレ屋 at 00:00| 山口 ☀| Comment(0) | 便所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

水遊び・・謎・・・トイレの言葉05

宇部市立図書館の多目的トイレ

男性トイレに向かうときにこの張り紙が見える。



  mizuasobi.JPG



2週間に一度くらい行くのだけれど、
まだ水遊びをしているのを見たことがない。

どうやって水遊びができるのか?
わからない。

なにかの間違いで水浸しになったということなのか?

わからない。


メモ:8月2〜4日 健文会の平和フェスタがあるので長く滞在する。
謎が解けるかもしれない。

posted by 村のトイレ屋 at 07:00| 山口 ☔| Comment(0) | 便所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

「丁寧な説明」のサンプル・・・トイレの言葉04


JR宇部駅のトイレ
2019年6月23日撮影。

トイレは、ゴミ捨て場ではないですよ!
と書きたいのだが、ここはひとつ気持ちをおさえて
ひとつ、ひとつ、詰まったものの名前を丁寧に書いて、理解してもらいたかったのだろうと
推察しています。



宇部駅トイレ.JPG

清掃管理でなくて、水処理システムの維持管理の側からいうと
「異物混入」といって憮然とメモします。








メモ(蛇足)
ここ数年、「丁寧な説明」という言葉をよく聞く。
ときの宰相たる人も使うし、
防衛大臣も言っていたし、
萩市や阿武町で開かれた、イージス・アショア配備の説明会でも
企画戦略課長の五味氏も一つの会場で50回は、ばら撒いていた。

その説明元の資料がいい加減で、実測ではなく
グーグルアースを使って分度器で計ったものでしかないことが
秋田の地元の新聞社によって報道され、どうやら課長を辞任されたようだ。
丁寧にいうと更迭されたようだ。

丁寧な説明とは、どうすることなのか?
案外、難しい。
私なんかは、無愛想で、ぶっきらぼうだから
最初からそんなことは考えない。
具体的な事実をただ伝えるだけでいいと思う。

今の政府も、保存すべき記録は長いものは、歴史家が検証できる時間は保存し、
今、望まれればいつでも黒塗りでなく公開するようになれば、
「丁寧な説明」という言葉の乱発もなくなるだろうが、どうだろうか。

posted by 村のトイレ屋 at 08:12| 山口 ☁| Comment(0) | 便所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

上関原発を止めるために その1 小中進さん、辻立ち11周年目

上関原発を止めるために 山口県内では、その1、
小中進さんの辻立ち(毎朝、上関へ向かう平生町の交差点でアピール)

今年の7月1日で11年を迎えました。
その時の様子が、載っています。

ぜひ下記のブログをご覧ください。
http://blog.konaka.sunnyday.jp/?eid=488




時々、私は他県から来た人と
こんな会話を交わします。

「上関って、もしかして山口県ですか?」
「はい、瀬戸内海の西、山口県です。」

「そうですか、山口県に移り住もうと思ったのですが、
山口県ですか、原発なんですね、計画は?安全でしょうか」

「出来てしまえば安全ではありません」

「止める動きは強いのでしょうか?」

「現に今、止めているから強いと言えば強いです。
でも、新設原発として、電力会社と政府、県はつくろうとしています。
全く予断を許さない、つまりどうなるかは止めるための運動しだいですね」

「そうですか?迷いますねぇ」
「そうですね、生活の時間のいくばくかを原発を止めるために割く必要がありますね」

「小中さんのように毎日、交差点に立ってと・・・」
「そこまでは、私も、・・・そんな根性はありませんが、 三日坊主がいいとこかと・・・」

「でも、小中さんのような人がいることはすごいですよね、そこは山口県のすごいところかと・・・」
「そうですね、でも、日本列島、どこへ行っても同じではないですか?やれる意思表示でアピールして
なんとか止めたいですよね」
「本当に原発って言葉聞かなくてもいいところに行きたいのですが、・・・」


        (つづく)


       











posted by 村のトイレ屋 at 20:13| 山口 ☀| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

蛍光灯も・・・トイレの言葉03

下関市の公衆トイレ
 竹崎公園(三角公園)

shimonoseki 1.jpg


張り紙があった。


shimonoseki 2.jpg

トイレットペーパーだけでなく
蛍光灯の盗難もあると書いてある。

shimonoseki 3.jpg


下関の公衆トイレの清掃管理は、委託制のようだ。

shimonoseki4.JPG


点検表はかなり緻密だ。


shimonoseki5.JPG

少し歩いて行ったところにある、細江教会下の公衆トイレは、別の団体の管理だった。


メモ:7月13日は、李栄元さんの報告会が細江教会であった。



posted by 村のトイレ屋 at 07:00| 山口 ☔| Comment(0) | 便所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

李元栄さん報告会 下関

DSC_5301.JPG

DSC_5303.JPG

DSC_5304.JPG

今から始まります。
--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 17:52| 山口 ☔| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

「常識ですが」・・・トイレの言葉02


「常識ですが」という抑制した表現に
トイレを管理清掃する人たちの怒りと訴えが、ひしひしと伝ってきます。

「もうペーパーが無くなっている。芯もない。また持って行かれたのか!」

ちなみに、公衆トイレで盗まれるものは、トイレットペーパーと鏡とか。


メモ 2019年6月28日撮影。道の駅「長門峡」売店のない方の公衆トイレ。
SLの撮影場所として有名な広い駐車場のある側のトイレ。
   この日は、午前10時から萩市むつみ総合支所で、イージス・アショアの説明会を萩市・阿武町だけでなく全県で、
   特に山口市で開くように申入れに行った。行きは、山口市〜阿東コース。帰りは、いつもの萩〜美東コース。
   萩市の道の駅「ハピネス福栄」では、懐かしい友人夫婦にあった。山羊の話をした。


長門峡2.jpg

長門峡1.jpg

posted by 村のトイレ屋 at 09:29| 山口 ☔| Comment(0) | 便所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

「この山脈(やまなみ)ようなさわやかな」 トイレから01

「公衆トイレマナー向上委員会」というのは、あるのだろうか?

制服向上委員会なら聞いたことがあるし、山口の集会にも来てくれたので
直接、歌を聞いたことがある。とてもすばらしかった。

それはともかく、公衆トイレから聞こえてくる声は、トイレ管理者の「何とかならないか」という声だ。
加えてたくまざるユーモアだ。

暇なおりおり、そんな声を集めてみようと思う。

まずは、昨日、TSSの点検で行った山の上のトイレから。

トイレのコピー1 雲月.jpg

雲月2.jpg


雲月3.jpg


メモ
写真の掲示は、トイレ建屋のなかにある。

草原として生態の豊かさを示す植物・動物のリストを示す看板もあった。

ついでに、浜田市金城町にまわり、浜田市金城歴史民俗資料館に寄った。
「たたら製鉄と港・浜田〜古文書から読み解く地域経済〜」という展示が目当てだ。
予想以上にすごかった。西中国山地民具を守る会編集発行のすばらしい冊子をいただいた。要、再訪。
道の駅「ゆうひパークはまだ」で休憩して帰る。

posted by 村のトイレ屋 at 04:28| 山口 ☔| Comment(0) | 便所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする