2017年08月29日

「もし文豪たちがカップ焼きそばの・・・・」


「もし文豪たちが
カップ焼きそばの作り方
を書いたら」

 神田桂一 菊池良著 宝島社

いわゆる文体模写。
村上春樹のもの以外はみな面白かった。
こういうことに才気を発揮する人って
いいよなあ。


読みながら泥憲和さんを思い出した。
フェースブックにまだ残っていた。よかった。
https://www.facebook.com/norikadzu.doro?fref=ts
泥さんとは、「自衛隊を否定しない」という点で
直接、論争したかったなあ。
山口県へ来る予定があったのに来られなかった。

あの世でどうしているかなあ。
泥さんなら、この本を読んで、すぐに、
以下の連作に取り掛かるだろうなあ。

もし文豪たちが
モリトモ疑獄と安倍政権の倒し方
を書いたら



posted by 村のトイレ屋 at 08:37| 山口 ☀| Comment(0) | 本の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

【被ばく。トモダチ作戦】8月24日に提訴。157人、

NHKニュース
トモダチ作戦で被ばく 空母乗組員らが東電提訴
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170825/k10011110891000.html
一部コピー
東京電力の発表によりますと、東日本大震災のあとにアメリカ軍が行った被災地の支援活動「トモダチ作戦」に参加した当時の空母の乗組員など157人が、活動で被ばくしたとして今月18日、東京電力とアメリカ企業1社を相手取ってカリフォルニア州南部地区の連邦裁判所に提訴しました。

原告は、福島第一原子力発電所の設計や建設、保守管理が不適切だったために事故が起き、被ばくによって損害を受けたと主張し、治療費に充てるため、少なくとも50億ドル(日本円にしておよそ5500億円)の基金をつくることや、損害賠償を求めているということです。

アメリカ軍のトモダチ作戦の参加者などからは、5年前から、これまでにすでに239人が同じような訴訟を起こしていて、今回の原告は訴訟を併合することを求めているということです。東京電力は今回の提訴について、「訴状を正式に受け取っていないが、原告の主張や請求の内容を精査したうえで、適切に対処していく」と話しています。


この訴訟の注目点は、
1,米軍兵士の被ばくとその救済
2,事故当時の実際の被ばく状況と東電、政府、米軍の責任。
3,当時の福島県、福島県沖、東北全県と関東の東日本全域の放射能汚染の実態
そのもとで暮らしていた人々の被ばくの実態。それに対する政府、東電の責任
である。
全体像の中の米軍兵士たちの被ばくと救済が問われている。

裁判を日本で行うか、アメリカで行うかも争点になっている。
アメリカの裁判制度に<ディスカバリー>があるという。

毎日新聞、山田孝雄記者の指摘
https://mainichi.jp/articles/20161010/ddm/002/070/075000c
 
米国の民事訴訟には<ディスカバリー>という強制的証拠開示制度がある。自己都合で拒めない。拒めば法廷侮辱罪で投獄か、巨額の罰金だ。東電が日本での裁判を求めるのはそのためだと言われている。
 東電がディスカバー(発見)されたくない証拠とは何か。原発事故の原因、初動対応、大気中の放射線量測定値??に関し、従来の説明と違う資料が秘蔵されている可能性があるが、これは推測である。


東日本大震災と東京電力福島第一原発の事故。
その放射能汚染の実態解明と被ばくの全体像と影響は、日本ではまだ隠蔽されている。
すべてが明らかになっていない。
この子どもたちは、大丈夫なのか?!

huffingtonpostから。
「トモダチ作戦で被ばく」米兵による東電訴訟の継続、連邦地裁が認める【東日本大震災】
2014年10月31日 15時16分
http://www.huffingtonpost.jp/2014/10/31/sailors-suit-fukushima_n_6080078.html
写真集
http://www.huffingtonpost.jp/2014/10/31/sailors-suit-fukushima_n_6080078.html#gallery/772265/27


トモダチ作戦写真集から.jpg



あたかも、駒のように扱われて「トモダチ作戦」という美談に仕立てあげられた兵士たちの健康被害の実態が明らかになり、救済措置が正しくとられることを強く願う。
と同時に、だからこそ、同じ条件のもとで暮らし作業した暮らした福島の県民、子どもたちの被ばく実態の解明が急がれると思う。

posted by 村のトイレ屋 at 03:02| 山口 ☀| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

人は、どこまで変わることができるのか?

たとえば、60歳を越えて、
今までの人生を振り返り、生き方を変えてみようとする。

その場合、どこまで変わることができるのだろうか。
今までの生き方に反省があったとしても、
もういまさら変えられないよ、と慣れ親しんだ思想やライフスタイルに
どっぷり浸かって生きていくものだろうか。

なんたって、それなりにできあがっているんだよね。
今更、変えろって言われたって、辛いよ。

では、原発に対する評価はどうだろうか?

2011年3月11日。
福島の事故は、日本と世界を破滅に、追いやるほどのものだ。

この事故に同時代に生きてきて、
やはり、今まで通りの生き方でよかったのだと断言できるのだろうか?

いやぁ、もう勘弁してよ、もう墓場は近いのだし静かに余生を送らせてよ、
とつぶやいて、じ〜と頭をすくめているのだろうか?
子どもや孫のこともあるが、
明日、いや今このとき、
原発震災によって逃げまわることも十分あるのだ。
ある友人は、福島からの教訓として、
ともかく夜寝る時は、車が満タンになっているかどうかだけは確認するようになったよ、と言った。

とすると、やはり生き方を変えていることは間違いないのだ。
311で見えてきた日本社会の地肌は、今までの生き方をみなおすことを告げている。
知識としか知らなかった815以前の社会と311を生んだ今の社会は、連続線でつながっていた。

人は、どこまで変わるのだろう。
英語を習い始め中学校のときに
彼は昔の彼ならず、
という言葉をうれしがって、使っていたときが、あったが、
今も、あちこちで言いふらしたいような気がする。
その私の気楽さは、根が中学校時代とあまり変わっていないということか。




posted by 村のトイレ屋 at 08:55| 山口 ☀| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

茨城県知事選。東海村の看板。きっぱり!すばらしい。

いのち・未来うべのブログ
東海村の看板を紹介しています。
http://blog.goo.ne.jp/nonukes2013/e/a903043ac58db4c08e2aff96ada4570d
posted by 村のトイレ屋 at 22:44| 山口 ☁| Comment(0) | 脱原発ニュースファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

木枯らし紋次郎は、44年前だって!

中村敦夫さんの木枯らし紋次郎

一世を風靡したのは、44年前なんだって!

若い人は、知らないはずだ。

私がよく知っているということは、

・・・えっ、俺らってもうそんな年なんか。

いのち・未来うべ
中村敦夫さんてどんな人ですか?
http://blog.goo.ne.jp/nonukes2013/e/662ef3349ac03bb3dcd702cf16d9c4fd

紹介されている毎日小学生新聞を全部読んでしまった。
中村敦夫さんは、僧侶にもなったんだそうな。

posted by 村のトイレ屋 at 11:32| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

いのち・未来うべ「通信」16号のPDF版

いのち・未来うべ「通信」16号が発行されています。

「福島の事故のあとではもう上関原発は建たないのでは」という意見が多くの場所で語られます。
ところが、実際に進行している事態は真反対です。
工事用の道路ではないかというわたしたちの疑念に対して
中国電力の広報担当者は、
「そうですよ、原発の資材を運ぶための道路です」とはっきり言明しました。
海の埋め立てと本体工事への意欲を隠そうともしていません。
「通信」16号は、この上関をめぐる動きの急ピッチさに焦点を当てて編集されています。
どうぞ、わたしたちの渾身の訴えをお読みください。

また、中村敦夫公演、小泉純一郎氏講演会についてもご案内しています。

PDF版を掲載します。
クリックしてダウンロードしてください。

いのち・未来通信16号.pdf

紙版をご希望の方は、
連絡ください。
 いのち・未来うべ 事務局 安藤
     080-6331-0960
     ando-maipenrai★nifty.com
      ★ を@(半角)に変換して送信ください。


  
posted by 村のトイレ屋 at 22:59| 山口 ☁| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稲、すくすく元気に。



DSC_0799.JPG


DSC_0804.JPG


DSC_0800.JPG


小野湖の水を守る会
子どもたちと植えた田んぼ。
穂が出ています。

--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 22:14| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

浜本裕子さん。会いたいと思っていたら電話があって会えた。

不思議なことがあるものだ。
浜本先生に会って相談したいなあ、とぼんやり思っていたら
電話がかかってきて会いたいという。
先生の用事は、録画したDVDの使い方であった。
わたしたちの用件は、障がい者の保養をどうすすめるか、その相談だった。

浜本先生には教えられることが多い。

専門のこともだけれど、直裁な物言いのなかにある本質をついた表現はほんとうにありがたい。

3・11以後の暮らしと環境問題 9回目
ここで言われた「福島原発事故と大本営発表」はどんどん現実のものになってきている。

https://www.youtube.com/watch?v=Grne_ohUvSo&t=507s

55分頃まで見てもらいたいです。




posted by 村のトイレ屋 at 22:50| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島原発、汚染水の誤魔化し。上関はもっと大変なことになる。

いのち・未来うべのブログが更新されています。
福島原発の汚染水、凍土壁 誰も効果があると思っていないのにすすめるアリバイ工事。

http://blog.goo.ne.jp/nonukes2013/e/fd7929cc827a7715f4ee7f5545a5c408

上関の場合は、もっとひどいことになるとたやすく推測できます。
1,福島のように広い土地がないのでタンクの林立はできない。
2,地下水(湧水)は、もっと多くなる。上関の場合、山からの水の多さが生態系を豊かにしている。
3,閉鎖性水域なので放射能汚染の影響はすぐに現れる。汚染水は一滴たりとも放流できない。
などのことが、誰にでも浮かんできます。

中電は、事故が絶対に起きないようにすると言っていますが、それが不可能だから福島の事故は起こったのだ
ということを忘れることはできません。
今度、事故が起こったらおしまいです。

posted by 村のトイレ屋 at 12:14| 山口 ☀| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

長門の元乃隅稲成神社の近くまで行ってきた

DSC_0787.JPG


「久しぶりにドライブはどう?」
「いいね、どこにする。いま評判の赤い鳥居のところはどう?」
「それいいね、他に用事もあるし好都合」
ミーハー夫婦の結論は、早い。

でも、現場に近づくと駐車場がいっぱいで
なが〜い、渋滞。進まない。
路肩の溝に落ちないよう注意してノロノロ進む。

車の番号をみてみると他府県ナンバーが多い。
北九州、福岡は当然としても、京都や名古屋もあった。
大宮が一番遠いところだったと思う。

「大宮は埼玉だよね」
「そうよ」
「わざわざ、来たんかなあ」
「帰省のついでもあるんじゃない」
「あ〜そうか」

話している間も、ほとんど進まない。
途中で買って、鳥居を見ながら食べる予定だった弁当、
全部、食べてしまった。それでも車は進まない。
業を煮やして歩く家族連れもいる。

1時間20分くらいたった。
「山口県で観光地がラッシュで動けないところが出るなんて
すごいね」
「すごいね」
「もうあれだから、私らはいつでも来れるから遠くからきた他所の人に譲って帰ろうか」
「そうだね、そうしよう」
ミーハー夫婦は諦めるのも早い。

別の用事を済ませて帰途寄ってみたが、
渋滞は短くなっていたものの、まだ続いている。
鳥居の写真だけとも思ったが、まだまだかかりそう。

今度、だ〜れもいないときに行ってみよう。

--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 22:34| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

本当にこれが科学!?特性マップについて前田さんの投稿

いのち・未来うべ 投稿
「核のゴミ処分場科学的特性マップ発表に思う」
               前田 惠子
http://blog.goo.ne.jp/nonukes2013/e/0d3d622d1788abd2adc18eaeb4f37bf5
〜〜〜〜 一部引用〜〜〜
・・・発表に唖然とした。世界中で難航している処分場の適性を備えた土地が日本の国土の3割にもあたるということに!最初から絞ると適性があるとされた自治体の反対が大きいのでこういう発表にしたのだろうとは思うが、日本は正気か?と世界から日本の科学力への信頼を失墜させるようなマップである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
posted by 村のトイレ屋 at 09:25| 山口 ☁| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

産廃と原発:ゴミをめぐって

いのち・未来うべのブログに意見が寄せられています。
http://blog.goo.ne.jp/nonukes2013/e/1f2692aee2b707dbcbd17ec29a067e5d
原発の特別扱いに疑問をぶつけています。

その中で鹿児島での小泉純一郎さんの講演会で
産廃と原発について触れていることが紹介されています。

産廃:処分場がなければ営業が県知事によって許可されない。
原発:処分場も処分法もなくても稼働・再稼働が許されている。

このおかしさについて小泉純一郎さんは言及しています。
この特別扱いはなんだ!
でも、どうしてこんな愚かなことがまかり通るのか!
危険な原発ゴミ・核廃棄物が一番安直に扱われている。
どうして、こんなことになっているのか?!
posted by 村のトイレ屋 at 22:58| 山口 ☀| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

オリーブの実

DSC_0680.JPG

小野の第2オリーブ農園
--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 10:01| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

保養活動

昨日から宇部ではじまりました。
8月4日からは、山口市の福島〜山口いのちの会の受入がはじまります。
今年は、阿武町の白松博之さんの経営する農家民宿樵屋(きこりや)も宿泊拠点になります。

子どもたちの安心安全のために
保養の受入れ、山村留学、移住などが進展することを願っています。

福島〜山口 いのちの会 のチラシはこちらから。
山口市いのちの会第5回保養チラシ.pdf

また、いのち・未来うべのブログにも紹介されています。
http://blog.goo.ne.jp/nonukes2013/e/8f71c46233730004643b1d3a8ecb6e56



posted by 村のトイレ屋 at 11:57| 山口 ☀| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

ハンモックとスズメバチの巣


夏は、ハンモックです。
わけても、あったか村の四阿(あづまや)の涼風、
昼寝は格別です。

恒例月の最後の日曜日、あったか村ブックカフェ、草刈りを少々したあと、
仲間との話し合いも早めに切り上げ、
ハンモックで快適に眠り込んでしまいました。

・・・1時間はたっていたのでしょうか。
なにやら聞き慣れた音が、します。
うん、これは?
低音低空飛行音がつづきます。

はてはて、もしかして・・・そうでした。
スズメバチの巣があって、ハチたちが出入りしているのでした。
ちょうど真上でした。

襲われなかったのは、私がスズメバチの巣に全く気づかず、
だから、意識せずに周りの草を刈り、ハンモックを吊るし、
そして、平和的にひたすら眠っていたからだと思います。
静かにハンモックから降りましたが、無視されたままでした。

ハンモックは吊るしまたままですが、利用されるときは、
平和的友好的な気持ちで静かに眠りにつくようにしてください。

そういう気分になれない場合は、涼は近くの小川に行って
水浴びをしてとるのがいいと思います。

夏の暑さをあったか村で涼み、乗り切りましょう。
ハンモックとスズメバチの巣0.jpg

        四阿(あずまや)

ハンモックとスズメバチの巣1.jpg


        スズメバチの巣 下にハンモック

ハンモックとスズメバチの巣2.jpg

       スズメバチの巣


posted by 村のトイレ屋 at 23:15| 山口 ☀| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする