2017年01月31日

山城さんを1日も早く釈放を!


拡散を希望します。



posted by 村のトイレ屋 at 20:51| 山口 | Comment(0) | 反戦・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

木炭画。逍雲堂美術館で。

今、逍雲堂美術館で開催されている展示のなかに
木炭画がありました。

山本 博子さんの作品

木炭画1.jpg


木炭画2.jpg


木炭画3.jpg



「木炭てずいぶん味があるなあ、
へぇ、柳とか桑を使うのか、
やってみようかなあ」

と言ったら側にいた友人が、
誰がやってもこの味がでるんじゃあなくて
描く人によるのではないかなあと言いました。

それもあるけれど、
木炭の素材のよさもあるのではないかなあとも思いました。



写真の写りが悪くて申し訳ありません。
ぜひ実物で鑑賞下さい。

逍雲堂美術館は、宇部市新天町商店街の中ほど、
井筒屋から商店街に入ってすぐの角、
2軒隣には、「繁光」という魚屋さんがあります。
尾崎眞吾さんが描いた魚の絵の大きな看板があります。

木曜〜日曜 オープン。(月曜〜水曜日は休館)です。
2月26日まで。午前10時〜午後4時。
電話:0836−21−2203
posted by 村のトイレ屋 at 07:21| 山口 | Comment(1) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

名医の処方箋

具体的な固有名詞を抜いてメモしておきます。

風邪で熱が高く、
仕事や約束があったときの

★★★ 処方箋 ★★★

すべてを諦めて、
たくさん食べて、
暖かくして、
ずっと眠ること。

名医 S

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

諦めるのがむつかしかったけれど、
てきめん、快癒したそうです。
よかった、よかった。

なお、名医とは必ずしも医師免許をもっているとは限りません。
巷には、こんな名医がいっぱいいますね。
posted by 村のトイレ屋 at 19:56| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

里山ブックカフェ

月末の日曜日は、あったか村で
  里山ブックフェ

がオープンします。



1月のテーマは、里山の素材 木の灰について。とくにヤブツバキの灰についてです。
本は、『江戸時代にみる環境保全の源流』(農文協、2002) を
みんなで、つつきます。

とくに、その中の
小泉武夫さんの「世界に類なし、灰買い・灰利用」の箇所を話し合います。

もちろん、そこから派生して他に話題が飛んでいくことは十分ありえます。

あなたも、一冊本を携えて月末の1日をあったか村で過ごしませんか。

とき:1月29日 午前11時〜午後2時 
ところ:あったか村
どなたでも参加できます。

長靴、軍手を用意ください。

お茶、ケーキなどは持ち寄りです。
灰をつくるので火を炊きます。
お湯もたっぷりできます。

自慢のお茶などをもってきていただければありがたいです。

今回は、第一回目。
毎月 月末の日曜日にこれから開きます。
12月だけ12月24日です。

参加費は、ワンコイン 500円です。
 あったか村の維持管理への協力と思ってください。


では、お待ちしています。
道に迷ったら、早めに電話下さいね。080-6331-0960(安藤)

posted by 村のトイレ屋 at 15:03| 山口 ☁| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

【ことば】事故

昨日の会話の断片。

起こるだろうな、という事故は必ず起こる。
そんな事故は起こらないだろうなあ、という事故も起こる。
都合のよい想定(最善)を期待して、最悪の絶望に陥る。
絶望しない方法:いつも最悪を考えて対策を練る。

う〜ん!


posted by 村のトイレ屋 at 09:36| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

目的をともにする

1月5日に山陽小野田のうどん屋、かしわのうんどんに岡本正彰さんとひょいと思いついて、行った。
そこで、珍しい人にも会えた。
私は、年賀状を出す習慣を捨ててしまったので、年賀状をいただいたときに身の縮まる思いがする。
でも、会えてお礼を言うとなにか気が楽になる。そこでもお礼をいうことができた。

それはともかく、
この日、話の中で、誰とくんでやるかを論じるより、
何を目的にするかが大事だよね、とある人からスパッと言われた。

「あっ」と思った。

市民+野党共闘とか、民進党の野党共闘への態度と選択とかも念頭にあってのことだけれど、
なにか頭をよぎったのは、そればかりとも言えぬ。
何を目的にすえるのか、ということがはっきりしていないと、「仲良くすることが目的」みたいになってしまう。「仲はいいのですが、仲良くみんなな〜んにもしないのですよ」
ということになっては、なんのことやら。
もっといえば、「仲良くみんな間違いました」となっては、なんのことやらではすまない。

問題は、原発を止めることである。
上関原発を建てさせない、新規の原発は認めない。
それは、福島原発事故の責任をとらせること、なかったことにさせないのことと同義である。
また、瀬戸内を死の海にしないこと、海や山や河を放射能に汚染させないこと、普通の暮らしができること
それを守ることである。それが目的である。
「仲良くみんなで放射能汚染にさらされることを許してしまいました」では、やっぱり困る。

日本列島、どこにいても原発=核発電=核の事故の側にいる、核爆弾を枕にして寝ているようなものだ。
そんな中で、ある人と、他にどんな価値観をもっていようが、あるいは私と性格的に折り合いが悪かろうが、はたまた、話し方や声がどうも好きになれないだとかの諸々のことは、いったんおくことができる。
その場合は、ほんとうに「誰とくむか」でなくて「何をやろうとするのか」が大切な基準になる。

もともと、そんなことを考えていたのかもしれないが、おいしいうどんを食べながら、いい整理ができたので、きっと今年は良い年になるにちがいない。


posted by 村のトイレ屋 at 23:51| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玄海原発 「合格」って???課題残したまま




避難計画は、橋も含めて何にも解決されていない。
使用済み燃料は、4年で保管場所がなくなる。
でも、「合格」という見切り発車。

これを許せば、集団的自殺に参加するに等しい。

玄海170118.JPG



【報ステ】玄海原発「合格」核燃プール満杯なのに…1/18 23:30
http://webnews.asahi.co.jp/ann_s_000092426.html
要保存・拡散。

原発の谷間で暮らす山口県。
いよいよ恐ろしいことになった。
それなのに、上関原発を進めるとは信じがたいことだ。
再稼働も新規建設も認めない大きな声のうねりを作り出そう。
3.25県民集会が、とっても大切な場になった。
posted by 村のトイレ屋 at 09:34| 山口 ☁| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

宇宙服とトイレ

な〜んだ、まだ解決していなかったのか。

とっくに誰かが作っていたと思いこんでいた。

中村浩さんのクロレラもスタンダードにならなかったのかと残念。
いや、問題は人体から離れて収集するその段階だからクロレラの一歩手前の技術になるのだろう。
密着した尿瓶の機能だ。
今、尿瓶のことを考えているので発表されたら参考にさせておらおう。

それにしても、トイレの問題は身近なところで奥が深いから面白い。


NASAが 公募。
トイレ機能付き宇宙服、NASAが3、4年後めど開発 6日着たままOKで地上の生活も変える?
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/170107/lif17010712410005-n1.html

リアルな問題が解説されていて参考になる。
〜〜一部引用〜〜〜
「宇宙のうんち問題に挑め!」という感じだろうか。6日、すなわち144時間の間、宇宙飛行士が排泄したものを隔離できることを求めている。上位3位までの賞金総額は3万ドル(約330万円)だ。

〜〜〜引用終わり〜〜〜〜


〜〜〜〜

暮らしの中から脱原発  
  講演を引き受けます。
安藤 公門
○ 暮らしの中のトイレ、里山生活と肥溜めと畑の循環
○ 暮らしの中の脱原発 「トイレなきマンションをトイレから見ると・・・」
○ タイの農山村のトイレつくりからみた未来型社会〜糞は資源だ〜
プロフィルは、このブログを読んで下さいね。

岡本 正彰
○ 障がい者と原発事故の避難計画 〜最善の避難計画は再稼働中止・原発ゼロ〜
○ 障がい者の保養 宇部の経験を障がい者として振り返る
○ 戦争と障がい者 〜ナチス思想の台頭は許せない〜
プロフィルは、フェースブックで「岡本正彰」を検索してくださいね。

二人がコンビでうかがいます。
テーマと時間は、ご相談によって設定します。
5人程度のミニ集会からお受けします。
交通費と遠方の場合は宿泊費のご負担をお願いします。
講演謝金は、ご相談に応じます。

連絡 私宛にメールをください。
ando-maipenrai★nifty.com   ★を@(半角)に変換してください。
posted by 村のトイレ屋 at 21:11| 山口 ☁| Comment(0) | 便所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

トイレの注意書き

これ、どうやって水遊びするのだろう〜????〜〜〜〜〜

トイレで水遊び?.jpg


年末年始、考え込んでしまって、なんにも手がつかなかったのですよ。

仮にも、「村のトイレ屋」を名乗り、

トイレ関係の講演なんかもやってる身としては、

考え込んでしまうわけです。

う〜ん、本当にどうやって水遊びをするのだろう。
禁止をするからには、遊ぶ人がいるからでしょうが、はてさて、どうやって遊ぶのか?

不思議。見当もつきません。
言っておきますが、水遊びを決してすすめているわけではありません。

う〜ん、わかりません!!!

写真は、公園の公衆トイレが数多く設置されていることで有名な某市某施設。

〜〜〜〜

暮らしの中から脱原発  
  講演を引き受けます。
安藤 公門
○ 暮らしの中のトイレ、里山生活と肥溜めと畑の循環
○ 暮らしの中の脱原発 「トイレなきマンションをトイレから見ると・・・」
○ タイの農山村のトイレつくりからみた未来型社会〜糞は資源だ〜
プロフィルは、このブログを読んで下さいね。

岡本 正彰
○ 障がい者と原発事故の避難計画 〜最善の避難計画は再稼働中止・原発ゼロ〜
○ 障がい者の保養 宇部の経験を障がい者として振り返る
○ 戦争と障がい者 〜ナチス思想の台頭は許せない〜
プロフィルは、フェースブックで「岡本正彰」を検索してくださいね。

二人がコンビでうかがいます。
テーマと時間は、ご相談によって設定します。
5人程度のミニ集会からお受けします。
交通費と遠方の場合は宿泊費のご負担をお願いします。
講演謝金は、ご相談に応じます。

連絡 私宛にメールをください。
ando-maipenrai★nifty.com   ★を@(半角)に変換してください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


posted by 村のトイレ屋 at 22:28| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする