2007年10月30日

のんたの会事務局から10/30(火) 

あったか村写真ニュースbO7

山里フォーラムのんたの会 事務局からのお知らせです。

●山里フォーラムのんたの会と(有)あったか村の事務所が、ほぼできあがりました。スタッフルームになる予定です。
「木の家自作キット 福の家」のモデルです。
写真は、10月19日の福賀小学校の遠足のときのものですが、
事務所のほうに注目して下さい。

stuffroom00.jpg



stuffroom01.jpg



●「あったか村ウォチャー」という一群の人たちが存在していることが最近わかりました。10月28日の宇部市常盤湖公園であった「森林づくりフェスタ」でチラシ配付に声をかけていただきわかりました。
あったか村にきて何かするわけでもなく、のんたの会の会員でもないのですが、じっと、あったか村を「観察」しているというのです。
「ずっと、あなたがたを見ていましたよ、観察というと冷たいけれど、見守っていたと思って下さい。私は、4年前から見ていますよ。声をかけたのは今日はじめてですが・・・私以外にも、数人知っていますよ」
ほしいのは、観察者よりも村つくりを一緒にやっていただける方ですが、でもおもしろいですね。ありがたいですね。

●その「観察者」から質問をいただきました。
「写真にわずかに写るあの建物はなにですか?」

この建物ですね。向かって右側は、のんたの家。
左の建物が、それですね。さあ、何でしょうか。

makikoya00.jpg


ヒント:別に隠しだてするほどのものではありませんが、これから役割が大きくなります。
お答えは、現場で。または、来週の火曜日に。

●今週の予定
 11月4日(日) 福賀大農業祭り
   あったか村は、山羊が登場します。入口近くです。
   遊びにきてください。山羊についてのお知らせもあります。 
 今週、蕎麦も刈り取りたいと思っています。

●今月のみんなの集まり
 11月18日、恒例の第三日曜日です。
   40年〜50年前の水路を復元する作業
   小型水力発電の可能性も検討します。
   食べ物をめぐる行事も調整中です。決り次第連絡します。

      以上、山里フォーラムのんたの会事務局 からの
      お知らせでした。   




見守りつつ、クリックで応援してください。
banner-s_02.gif

posted by 村のトイレ屋 at 08:34| 山口 | Comment(0) | TrackBack(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インドのトイレ水処理、世界トイレサミット

こんな記事がありました。
とても参考になります。
「先進国型」を前提とする発想では、通用しない、
さらにいえば、「先進国型」の見直しを迫るということでも
あると思います。

AFPBB News から
世界トイレサミット、衛生改善と下層カースト解放のために尽力する男性
2007年10月29日 20:44 発信地:ニューデリー/インド
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2304483/2293946

======= 一部引用します======
排泄物を有機分解、バイオガスに

 しかしパタク氏は、ほぼ100%がトイレを必要とする開発途上国で、下水施設や豊富な水を前提とした西洋式の水洗トイレの普及は不可能だと指摘する。「施設の建設はあまりにもコストが高く、必要な水の量も莫大だ。開発途上国では完全に無理だ」

 パタク氏のNGOは、排泄物を有機的に分解し、温室効果ガスを出すことなくバイオガスを作る環境に優しいトイレの推進を行っている。バイオガスは、その後発電や調理に使用できる。スラブ・インターナショナルではそのようなトイレをこれまでに175台設置し、17万5000人が使用しているという。

 一方、においはないものの、排泄物の有機分解システムには若干慣れが必要だろうとパタク氏は語る。カンボジアからスラブの事務所を訪れた客たちは、事務所で食べた食事が排出物のガスで料理されたことを知ると、気分を悪くしたという。

====== 引用終り===========


クリックで応援してください。
banner-s_02.gif

posted by 村のトイレ屋 at 07:54| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然浄化法-タイと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする