2007年10月21日

食と農、消費者=都市の問題(メモ)

昨日、一昨日とNHKの番組で、食と農の特集が
あった。全部をゆっくりみることが出来なかったが
ところどころ垣間見た。
その範囲での感想だけど、
1日目、食料自給率が低くても「それはいいこと」ととらえている人が
かなりいることに、軽いショックを覚えた。

また、農業や農民のことを問題にしているけれど
実際は、都市住民と消費者の問題であることを忘れてい
るのではないかと思った。
都市・消費者が、なにかたかみにたって、農家と農村地域に
語って聞かせ、策を示しているような、言い聞かせているよ
うな人もいた。

実際は、少々のことがあっても農家はとくにそんなに困らないのだ。
食べるに困ることはない、最低でも食べていけるのだ。

これに対して
「説教垂れるようなしゃべり方をする都市住民は、いざ食料危機が
迫ったときになんにもできないで終るだろう」
といったほうがいいだろう。

食料危機に際しては、生きていけなく恐れがあるのは都市だ。
農と食の問題は、まずは都市問題、消費者問題として、みることが
すべてのスタートだ。
「都市から農村へ!」
これは、農村救済的なムーブメントではなくて、
反対に都市をまとものなものにするための活動だ。

もっと調べて別のときに書きます。
とりあえず、メモとして。



人気ブログランキングに参加中(環境部門)
応援のクリックをお願いします。


ラベル:食と農
posted by 村のトイレ屋 at 20:07| 山口 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする