2007年10月10日

あったか村と音楽

質問です:
あったか村と音楽は、のんたの会の結成以来、
縁が深いと聞いていますが、本当ですか?

お答えです:
はい、本当です。
のんたの会の集まりでは、
最初から、オカリナの演奏ではじまることになっています。
これは、山口県立大学の安渓遊地さん(教授)が専属楽士として
受け持ってくれています。教室で眠気を吹き払うために使われた楽器ですが、あったか村では、式などの区切りにと心地よい緊張への移行に使われます。
また、里山楽士を名乗る尺八をふくひともいます。
化学傷害であったか村にやってきた渡辺さんも、尺八を演奏します。
でも、横笛が得意です。篠竹で自作しています。
また、近郷に煤竹で横笛をつくる人もいて、その人から神楽の曲などを習ったこともあります。

他に、音楽を聞くことを好きな人は、いっぱいいます。

あったか村のどこかで、コンサートを開きたいね、
というのは、よく交わされる会話です。
なぜか、訪問者が、ここで小規模コンサートができたら
いいでしょうね、といいます。
また、「音響機器一式、無償で貸しますよ」
といってくれる人もいます。

阿武町は、岡林信康のコンサートや世界的な演奏家がくるジャズコンサートも定期的に開かれている音楽の盛んなところで(今年は、秋吉敏子さんがきました)
かなりの人が本気になっているのですが、
なかなか実現しません。

まあ、無理にあったか村で開かなくても他できけるもんね
ということがあるんでしょうね。

あったか村ならではの企画でないかぎり
そんなに急ぐ必要もありませんしね。
みんなのんびりやだから、それでいいのではないでしょうか。
ひとつひとつの集まりで音楽を大事にして、ときどきに楽しむ。

大勢の人が集まって、車の排ガスやら駐車スペースやゴミやら、
人の世話など、
負担ばっかりではつまらないということもありますしね。

でも、あったか村ならではの企画となれば、話は別ですが・・・

なお、あなたが、ひとりで楽器の練習をするのなら
どんな楽器でも、大丈夫ですよ。

私の場合は、・・・いや、ヤギ、羊、イノシシらにも愛想つかれているので
なにもいいたくありません。



posted by 村のトイレ屋 at 12:14| 山口 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする