2018年06月15日

【本の紹介】竹村淳著『反戦歌 戦争に立ち向かった歌たち』 

宇部の図書館で、さりげなく新刊本の中に置かれていて
、なにげなく手に取った本。

借りて帰ったもののしばらく積んでいて、この間、あまり動きたくない日にぐずぐずしていて

寝転びながら読み始めたが、これがすごい本だった。

1、実に細かく調べている。(世界、特にスペイン、ラテン系を)
 「なんとなく」ということを厳密に排除している。正確に調べ突き止めなければやまないという徹底さがある。

2、自身の戦争体験と密接につなげて語られ紹介されている。

3、ネット検索、youtube との連動がありがたい。

ほぼ聴くことができる。

沖縄の「艦砲ぬ喰ぇー残ー」は初めて知った。

ヒロシマが、世界で(トルコの作曲家の歌が世界で)歌われていることを知った。

一日一曲、いや一週間に一曲をじっくり読み味わいたい本だ。


阿武町にゆかりのある岡林信康の「もずが枯れ木で」のアドレスをメモしておく。

https://www.youtube.com/watch?v=_kjOtvmJKj8


竹村淳著『反戦歌 戦争に立ち向かった歌たち』  アルファベータブックス社 2018.4.10刊


DSC_2623[1].JPG
posted by 村のトイレ屋 at 10:06| 山口 ☁| Comment(0) | 本の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

イージス・アショアと安倍足下の県




DSC_2465.JPG



DSC_2464.JPG




毎日新聞6月2日
自民党県連関係者は自信をのぞかせる。「安倍晋三首相のお膝元で、配備に反対することはありえない」

ここから始まり、ここに行き着く。
わかりやすいけれど、血がのぼる。

安倍戦争政治が県民をたぶらかして、強行されようとしている。

戦争の施設に安全などあるはずがない。なぜなら、戦争とは人殺しのことだからだ。
戦争の施設を誘致して、経済効果などあるはずがない。なぜなら、危険を押し付けるための毒まんじゅうだからだ。
一次産業と地域経済は、丸ごと破壊される。原発立地地域をみるとよい。

山口から政治を変えることが、いよいよ強く求められる。


--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 08:04| 山口 | Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

イージス・アショア配備に反対します

DSC_2448.JPGDSC_2460.JPG

山口県庁前

--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 18:52| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

肥溜めの話

さあ、さあさ、始まるよう〜

肥溜めの話、

話し出したら止まらないよ〜

早く紙芝居にして全国巡回だ。

さあ、さあさ、始まるよう〜

あったか村のトイレシステムは、肥溜めと畑の関係

  http://attakav.soreccha.jp/e432667.html



posted by 村のトイレ屋 at 14:46| 山口 ☁| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

ことば「青年は、体力で心を引っ張り、老人は、心で体力を支える」

若者の冒険心や探究心は、体力の勢いと元気さで実現され、

高齢者の場合は、反対に衰え病みがちになる体を、気力と意志の力で励まして生きていくのだという意味。

この言葉は、多くの人に当てはまるかどうかは、わからない。

体力だって、気力だっていろいろあろうからだ。

青年の純粋さと強い行動力と言って一般化していいかどうかも最近は疑問だ。

老人の積み上げてきた経験とそこから生まれる狡知さといっても、新しい時代に通じるかどうかも疑問だ。


昔、屋久島に行ったときに、山中の友人の近くに住むある人が、仙人のような暮らしで「私はカスミの食べ方を伝授できる」と冗談を言い、しかし、実際は、「豊かな青春 みじめな老後を覚悟しているのよ」と自嘲気味に、しかし明るく語っていた。

なんでも海外放浪の末に屋久島に住み着いたのだそうだ。

「豊かな青春 豊かな老後」 「みじめな青春 みじめな老後」 「みじめな青春 豊かな老後」「豊かな青春 みじめな老後」

少なくとも組み合わせは、4つはあるわけだけど、「みじめ」といい、「豊か」といっても、経済的なお金の問題を指すことを除けば、厳密にはどうでも取れる言葉なので、(お金の問題は大きいが)
結局、本人の主観の問題といえる。幸福とは何か?という話に似てくる。


と、ここまで書いて、高校時代の友人のことを思い出した。

会うといつも、ランボーの詩を読んでくれた。私が聞かなくても、熱っぽく朗読してくれた。

私はどっちかというと散文的な性格で、詩には興味がなく、ひたすら小説を読むばっかりだった。

後年、そのランボーが輝かしい詩人としての青年時代とうって変って、貿易商になったという話を聞いた。

彼の場合は、自分の人生についてどういう感慨を持っていたのだろう。

それと、私にランボーの詩を読んでくれた友人は、今どうしているのだろう。

もう50年は、会っていない。




posted by 村のトイレ屋 at 23:32| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

ことば「(時代劇の衰退は)時代劇に出てくる悪者が“ワル”じゃなくなったからだ。現代の悪者に比べると、それほどワルじゃないから、ぶった斬ってもヒーローにならない。」

今朝の毎日新聞 論点・時代劇

単純な勧善懲悪から脱皮を 高橋英樹・俳優さんのことば
〜〜〜〜
 昔に比べると、テレビ時代劇は激減した。制作費がかかる上、視聴者が高齢化している。テレビ局、広告会社、スポンサーの各関係者に時代劇を見ないで育った人が増えた。企画が通るわけがない。

 「桃太郎侍」(日本テレビ系、1976〜81年)に主演していた時、すでに「もうすぐ時代劇はなくなるね」と思っていた。なぜかというと、時代劇に出てくる悪者が“ワル”じゃなくなったからだ。現代の悪者に比べると、それほどワルじゃないから、ぶった斬ってもヒーローにならない。
〜〜〜〜〜

まあ、そうだよね。
今の悪は、とんでもない悪ばかりだ。
やはり、現代の巨悪をぶったぎる以外にヒーローにはなれないよ。

中村敦夫さんように、原子力マフィアに斬りこむような鋭さを持たないと
ヒーローは生まれない。
連日の大きなニュースに隠されて、原発関連ニュースは相対的に小さくなっているが、
ここでも、事故隠し、放射能安全神話の拡散、福島の実態隠しは、強化され連日続いているのだ。

時代劇復活と新たなヒーローの登場には、現政権だと誰もがわかる設定にし、
快刀乱麻の主人公に安倍麻生、東電、経産省をぶった切らせる以外にはないよ。

でも、ヒーローはいらないから、単純な勧善懲悪を現実の場でやりたいものだ。
政治に私利私欲を持ち込み、官僚は文書改ざん。
民衆の力で政治を変え、巨悪の塊り、戦争推進、大嘘政権のアベ政治を許さず倒すこと。
そういう劇を、見るよりも実践したいものだ。その群衆のなかにいたいものだ。




posted by 村のトイレ屋 at 11:02| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

オリーブ園の草刈り

DSC_2335.JPG


DSC_2332.JPG


宇部市小野・宇内
カヤネズミが、いましたよ。
小野湖の水を守る会
水源地農園で


追記(5月25日)

動物に詳しい宇部市のSさんも参加されていました。
カヤネズミの同定もSさんです。

休憩時間に聞いた話をここにメモしておきました。

あったか村ブログ 知恵袋 カラス対策
http://attakav.soreccha.jp/e432472.html

--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 15:15| 山口 | Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

ことば「うちに、来てみろ、ガラスが一枚もないぞ」


昨日聞いた、ある工事現場での話。

「おれが、頭にきて全部、割っているからなあ。
お前もガラスみたいに粉々になりたいんか」

気が短くって喧嘩ぱっやい男がこういって、
相手を脅した。

作業の段取りをめぐって、それまで仲良くやっていた2人が
急に険悪になった。

周りのものは、囲むようにして、しかし、遠ざかりながら見守っていた。

言われた方は、すぐに言い返した。

「なに言うてんのや、俺の家にきてみろ、
茶碗も皿も、全部投げて割って一枚も残ってないぞ。
お前も茶碗や皿になりたいんか」と怒鳴り返した。


そこへ老婆が現われた。

「ああ〜、また兄弟喧嘩か、いい加減せい。
2人とも、それで嫁さんに実家に帰られたのをまだ懲りてないのか。
そんな暇があるのなら、イージスのひとつも止めてからにせい。
安倍首相の嘘八百に石のひとつも投げてからにせい。
出るところへ出てものを言えんのは、人間のクズや」

萩市の旧郡部。
昔から、農民運動の歴史もあり、共産党の強いところで高齢者には、堂々と論じる人が多い。
共産党と一線を画す人も、それぞれ地域興しについて持論を主張する人も多い。

ちなみに、この話を教えてくれた人によると
2人の家は、ひとりは、ガラスは一枚だけ割れており、もう一人の家でも、茶碗や皿は、2〜3枚割れていただけだったそうだ。
しかも、それはそれぞれの妻が、喧嘩の末、実家に帰る前に割ったものだそうな。

私としても、夫婦円満を願いつつ、
2人の喧嘩早い性格を、イージスや安倍首相に向けてほしいと願う。

日本中から、ガラスや茶碗・皿は、もったいないが、
杓文字(しゃもじ)や鍋釜の音を響かせた大きなデモが起こらぬものか。

未だに総理の座に座っていることが本当に腹立たしい。









posted by 村のトイレ屋 at 22:28| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アラシの父親

DSC_2327.JPG

DSC_2324.JPG


乱暴なところが、似ている。

手に負えないよ、と宮内きんじさんも言っていた。

その子ども(アラシの弟になる)を昨日運んだ。

捕まえるのに近所の人が集まってくれて、小屋に追い込んだ。


名前をどうするか?

引き取り手は、あるか?

今日は、雨の中、仔羊2頭ともう仲良くなっていた。









--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 17:20| 山口 ☔| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

ことば「大人になったら、きちんと大人になるのだと思っていた。」

この書評を読んでいて、思わず、飛び起きてしまった。
(寝転んで読んでいたので)
ここには「同感!」と思って起き上がって読んだ。


私もずっと、大人になったら悩んだり泣いたりしないのだと思っていた。大人になったらロックは聴かなくなるのだろうと思っていた。大人になったら、きちんと大人になるのだと思っていた。そしてもういい加減大人にならないとまずいと思いながら、今に至っている。


これは、全く自分の自覚だ。
きちんと大人になれていない、大人ってこんなことではないだろうという感覚は、ずっと持っている。
「(年の割には)お若いですね。」などと言われると、未熟さを指摘されたようで内心、恥じ入ったりしていた。

そんな話題で話した時に、友人は、「大人になれば人格が成熟するなんて幻想だよ」と言っていた。
「気にしていたら生きていけないよ。」とも言っている。

高齢者への社会の態度は、ふたつある。
姨捨山のように邪魔者として、捨ててしまうこと。
もう一つは、儒教の教えにみられるように、目上として長老としてたて、尊敬し、敬う形をとるパターン。
後者の仕組みの維持のために、年をとると「大人にちゃんとなる」幻想が生まれ、それに私たちが縛られているのだろうか。

それとも、実際、他の人は、ちゃんと大人になっていて、角田さんに私が共感しているだけなのだろうか。


話は、飛ぶが、「ちゃんとなっているはずだ」という思い込み、幻想は結構あるものだ。
幻想は、幻想で早く実態が明らかになって、真実の姿をさらけ出すのがよい。
幻想が、クッションになって、人間関係を円滑にすることはあるだろうが、
個人の人間関係の場を越えて、公的なもの、政治などでは困るだろう。

「権力者なんだからそれなりの人格識見を持ち、ちゃんとした大人なんだろう」と思っていたら大間違い。
安倍首相とそのトモダチ権力の惨状は、どうだ。大人どころか、そこらの子どもでもしない自己利益誘導とウソと詭弁を使っている。

「息を吸うようにうそをつく」という人が、一国の宰相。

これは、本人の問題もあるだろうが、それを選んでいるのは国民であることを思えば、
日本の民主主義自体が、実は、「ちゃんと大人になっていない」ということなのか。
時さえたてば、きちんとするというのは、社会も人についても、単なる思い込みにすぎないのだろう。


出典
角田光代・評 『できそこないの世界でおれたちは』=桜井鈴茂・著
毎日新聞2018年5月20日 今週の本棚
https://mainichi.jp/articles/20180520/ddm/015/070/024000c


posted by 村のトイレ屋 at 06:32| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

少しだけ、ちょっとだけ上回るように、

勝負の場。勝ち負けがはっきりする場。

スポーツでも、
ビジネスでも、
選挙でも、政治全般でも、

・・・実際に肉声で聞いたのは、ある具体的な場面だったが、
そこは省略。

語った人も、具体的にある人物だったが、それも省略。


相手は、強敵。
すご〜い差があることは、衆目の認めるところ。


アドバイスがあった。
「あの人に勝とうと思ったら、あの人のやることの倍しなければだめよ」

「倍は、いくらなんでもできない。時間的にも、体力的にも、それは無理」

で、どうしたか?

「普通やることは、やはりやることにして、少しだけ、ちょっとだけ多く、よくやるようにした」
その際に、「できるだけ、心を籠めて、ひとつひとつをやるようにした、
たとえば、・・・・」

ということだった。


かなりの衝撃をその場では、みなさん、受けたようだった。

穏やか、おとなしそう、・・・そんな人なのに、結構芯が強いのだなあ。


私の場合は、人生51点主義で通してきた。
なにか挑戦するときに、それが求められたときに
受けて実行できれば、半分は良しとして50点。
それにひとつでもいいことが、1点でも追加。
参加すればいいというオリンピック精神に近いかなあ。

とくに、変えようとは思わないが、
こんな人が、私たちの考え方に近いところにいることに
うれしくなった。

えっ、
その人は誰なんだ?ってお尋ねですか、
会っておしゃべり機会があれば、いくらでもお教えしますよ。








posted by 村のトイレ屋 at 08:20| 山口 ☀| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

オリーブを植える、いい日より

DSC_2296.JPG

小野のオリーブ園で
小野湖の水を守る会
--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 11:15| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トイレ関連商品、トイレの手すり


(有)あったか村の開発したトイレ関連商品

あったか村ブログを参照ください。

http://attakav.soreccha.jp/e432180.html


トイレの問題にぶつかっている高齢者、障がい者のみなさん、施設管理者のみなさん

間伐材の活用に関心のある林業家

トイレの設計者・コンサルタントなど


関心ある人は、覗いてください。


あったか村のホームページは、間もなく閉鎖し、
それっちゃに移行します。


県内の情報は、それっちゃから。

阿武町のあったか村もよろしくお願いします。

http://attakav.soreccha.jp/



posted by 村のトイレ屋 at 09:18| 山口 ☀| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ことば 「うそは他人を巻き込む」

ここしばらく、気になる言葉を集めてみようと思い立ちました。

新しいカテゴリーとして「言葉・ことば」をつくります。

第1回目は、この言葉から。


うそは他人を巻き込む。職員には信頼関係で結ばれている職場の仲間や家族がいることに思いをはせてほしい」。中村知事は10、11日の連日、記者会見などでそう口にし、職員の立場を守る姿勢をにじませた。



追記すれば、

地方公務員のプライド
高級官僚の驕り
安倍政治の末期現象

などが、並ぶかもしれない。

でも、「うそは他人を巻き込む。」という言葉単独でも、

家族や仲間、5メートル四方は狭いにしても
自分のまわり、近い人間関係、などなどを振り返ると
妙に味わい深い感じがする。


出典 
毎日新聞 2018年5月12日 
https://mainichi.jp/articles/20180512/k00/00m/010/139000c
加計学園「うそは他人を巻き込む」 中村知事が反論







posted by 村のトイレ屋 at 09:01| 山口 ☀| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

祝島の色々な表情

DSC_2256.JPG

DSC_2258.JPG

DSC_2262.JPG

DSC_2264.JPG



祝島アート展 in 周南
行ってきました。

多面的な島の表情。

人々が暮らす島。

神舞をはじめ瀬戸内の海の文化を伝える島。

月曜日には、原発反対のデモの声が響き、
世界中が帰趨を見守る島。

そして、今日見た祝島は、
絵や写真やことばやちょっとした工夫で
表現者たちが息吹を伝えるアートフルな島でした。

祝島のゆったりした時間の流れを定着させる。

祝島で初任から4年間、中学校で美術を教えていた人が作品を出していて、
妻は、その絵にすっかり魅了されて今から絵を習おうかと言いだしていた。

国弘秀人さんの猫と練り塀の写真。
絵葉書になっているのだが、ちょっとはがきとして出したくないなあ。
このまま飾っておきたいなあ。

祝島では、猫は写真のポーズもとるそうです。

山羊はまだ登場していませんでした。



明日13日まで。
裏の駐車場に、ちょうど空きがありました。





--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 20:20| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

祝島アート展in周南

DSC_2252.JPG

5月13日まで。
三びきの山羊、もとい三匹の猫。
無料。

--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 09:14| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

トイレアプリに詳しい人、いませんか?

トイレの勉強を再開しました。

日進月歩の世界、

とくにスマホのトイレアプリ。

こんな記事を書きました。

あったか村のブログ。
http://attakav.soreccha.jp/e431478.html


posted by 村のトイレ屋 at 11:09| 山口 ☁| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

ゼロ歳からのアウトドアだって!

気になるので覗いてみたら

もりのこえんというそれっちゃのブログだった。

ヤギ小屋の窓をつくったのだそうだ。

http://morinoko7789.soreccha.jp/e430534.html


山羊の写真は、見つからなかった。


昨日、あったか村も、それっちゃブログに、
ひっそりデビューした。




posted by 村のトイレ屋 at 15:11| 山口 ☁| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

宇部新川市まつりで上関原発止める署名

DSC_2222.JPG


DSC_2223.JPG


DSC_2224.JPG


宇部新天町新川市まつり

商店街アーケード
祥雲堂美術館前で。

いのち・未来うべのスタッフ。
--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 10:21| 山口 | Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

南北首脳会談に寄せて、非核化とは?小出さん講演会

4月27日の南北首脳会談。
すばらしい歴史の第一歩。
韓国語の勉強が挫折していて、ネットニュースなどをスラスラ読めぬのが残念だ。

「朝鮮半島の非核化」ということがキーワードとして取り上げられている。
マスコミや識者の論調も、その不十分さを取り上げている。

それはおかしいと思う。
なんといっても戦争状態の解除、平和への一歩を意義付けるべきであり祝うことが先だ。

それにしても、世界の非核化、アメリカの非核化、日本の非核化を言う前に
朝鮮半島の非核化を押し付けるとは、順序が間違っていないか。



この問題を考える際に小出裕章さんの講演はとても勉強になる。


https://youtu.be/-vM0OXmYiF4



1時間30分あたりから参照。

歴史の流れ

朝鮮戦争特需で潤った日本の再出発。
南北分断体制のおこぼれ、利益享受者は日本なのだ。
戦後の日本は、沖縄を売渡し、朝鮮半島の南北分断に乗っかかって「繁栄」してきた。

非核化とは、小出さん講演1.JPG


日本の核武装の方がはるかに近いところにある。
非核化とは、小出さん講演2.JPG

非核化は、まずはアメリカからでないのか!そのアメリカの核の傘に隠れている日本。

3非核化とは、小出さん講演.JPG


さらに忘れてならないのは、小出さんは触れていないが、日本はこんな法律を持っていることだ。
いつ、合法的と称して核武装に手を付けるかわからないのだ。

原子力基本法

第1章 総 則
(目的)
第1条 この法律は、原子力の研究、開発及び利用(以下「原子力利用」という。)を推進することによつて、将来におけるエネルギー資源を確保し、学術の進歩と産業の振条とを図り、もつて人類社会の福祉と国民生活の水準向上とに寄与することを目的とする。
《改正》平24法047
(基本方針)
第2条 原子力利用は、平和の目的に限り、安全の確保を旨として、民主的な運営の下に、自主的にこれを行うものとし、その成果を公開し、進んで国際協力に資するものとする。
《改正》平24法047
2 前項の安全の確保については、確立された国際的な基準を踏まえ、国民の生命、健康及び財産の保護、環境の保全並びに我が国の安全保障に資することを目的として、行うものとする。



核廃絶、非核化とは、日本に問題を引き付けた場合は、何よりも原発ゼロの実現である。
原発のない社会をつくるということは、核のない社会、戦争のない社会をつくるということだ。

posted by 村のトイレ屋 at 11:14| 山口 ☁| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

伊沢正名さんの写真展「植物につくカビ」 宇部市 逍雲堂美術館で。

ノグソフィアで知られる伊沢正名さんの写真展が、宇部市逍雲堂美術館で開かれています。
糞土師を名乗る前のキノコ写真家のすばらしい写真の数々。
宇部市の山で撮影したものもあります。

伊沢正名写真展(U)「植物につくカビ」
4月1日から4月29日まで。月〜水休館。

伊沢正名さん 
ノグソフィア
http://nogusophia.com/

2018年4月6日発売の週刊金曜日に糞土師 伊沢さんの記事が掲載されました。
週刊金曜日 4月6日(1179号) 特集ページ
http://www.kinyobi.co.jp/tokushu/002535.php

20180406週刊金曜.JPG


201804伊沢02.jpg

201804伊沢01.jpg

2201804伊沢0.jpg

逍雲堂美術館 
 宇部市新天町2-8-1  0836-21-2203
 宇部井筒屋から新天町商店街のアーケードに入ってすぐです。



posted by 村のトイレ屋 at 15:37| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

前川喜平さん講演会、4月14日。会場などのメモ

前川喜平さん講演&寺脇研さんトーク。教育講演会。
前川講演会下関チラシ表.JPG

会場は、下関市民会館大ホール。
チケットの売れ行きが多くて、中ホールから大ホールに変更になっています。

主催者の講演会実行委員会事務局から
「混雑が予想されますので早めにお越しください」と案内が出されています。
山下たかおさんのツイッター
https://twitter.com/yamashita_takao

市民会館ホームページのアクセス案内
http://www.scpf.jp/access/

駐車場について
●駐車場/45台(内身障者対応1台)
【利用時間】 8:30から閉館まで
【駐車料金】 30分/100円  ※8:30〜22:00の上限...1,500円
(22:00〜翌朝8:30の間は出庫できません。)
※駐車台数に限りがございます。お越しの際はなるべく「公共交通機関」を
ご利用ください。 満車の場合は、周辺駐車場をご利用下さい。


近くのシーモールには、以下のような情報があります。
http://www.seamall.jp/wp-content/uploads/2018/03/parking-3h.pdf
5月まで有効。

JR下関からそう遠くないので電車がおすすめです。
下関市民会館.JPG



posted by 村のトイレ屋 at 07:36| 山口 ☁| Comment(0) | 行事の予定:遊び、学び、遊ぶ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

若竹煮 海藻感謝祭

先日、平生町から山羊を運んだ時にタケノコをいっぱいいただいた。
米ぬかで茹でておいといたのだが、料理の本に若竹煮とあるので初めてやってみることにした。

若竹という言葉のニュアンスから竹の若い部分、あるいは先端の生長点だけを使うのかと思っていたら、
これが勝手な勘違い、
ワカメとタケノコを使うので、ワカ タケ 若 竹。よくある語呂合わせ。
それを普通に和風に煮る料理だ。
こつは、じっくりと煮込むこと。おいしくできた。

それにしても、旬の料理、海の幸のワカメと山の幸のタケノコをうまく組み合わせたものだ。
そんなところへ祝島のこだまさんから案内がきた。
海藻感謝祭りというのがあるそうだ。
祝島にも竹林はたくさんある。

今月4月18日に祝島で海藻感謝祭
https://eart-harmony.blogspot.jp/2018/03/2018418.html
22日には、上関室津でジャズコンサート。

行けるかなあ〜。
行きたいが何か便はないか。


posted by 村のトイレ屋 at 09:01| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

祝島支店、配分基準案を否決。




上関原発を建てさせない県民連絡会 事務局の報告

本日、山口県漁協柳井事業所において、祝島支店の総会の部会が開催され、漁業補償金の配分案について審議がなされました。結果、27対23で否決されました。引き続き、祝島支店は中国電力からの補償金は受け取らないという意志が示されました。

以下、テレビの放送(参考資料)
tys 上関原発漁業補償金・配分案を否決動画あり
https://www.tys.co.jp/NewsDetails.aspx?CID=76ad61b3-5ac1-42ee-8fa2-cee84f622f1e&DID=179ef7f2-cdf7-4074-9a08-a250549fa4bb

2018年3月27日 19:49
山口県上関町の原発建設計画をめぐる漁業補償金の配分案を話し合う県漁協祝島支店の総会の部会が柳井市で開かれ、配分案は否決されました。部会が開かれる柳井市の県漁協柳井事業所の前には、計画に反対する祝島の島民や支援者ら50人が集まりました。会場の外には混乱を警戒して金網が設けられました。前回、2015年に開かれた部会では賛成24,反対28で配分案は否決されています。今回の開催にあたって、受け取りを拒む組合員らは51人の正組合員のうち27人から、反対の書面議決を得たとしていました。採決の結果、賛成23、反対27で、配分案は否決されました。祝島支店は今後も、補償金の受け取りを拒む姿勢を維持することになりました。受け取りに反対する組合員らは今後も補償金の配分は拒否するとしています。

NHK山口のニュース
山口 NEWS WEB
祝島の漁協 補償金配分案を否決

http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamaguchi/20180327/4060000141.html
03月27日 19時34分

中国電力が上関町に計画している原子力発電所の建設に伴って会社が支払った漁業補償金の受け取りを、予定地の対岸にある祝島の漁業協同組合の支店が拒否している問題で、27日、県漁協が示した補償金の配分案の採決が行われ、組合員の反対多数で否決されました。
中国電力による上関原子力発電所の建設計画をめぐって、県漁協の祝島支店は原発の建設に反対する立場から会社からのおよそ10億8000万円の漁業補償金の受け取りを拒否していいます。
補償金を保管する県漁協は一部の組合員から要望があったとして、27日、柳井市にある県漁協の事業所で、補償金の配分を話し合う会合を開きました。

会合は非公開で行われましたが、県漁協によりますと、補償金の配分方法の案は、議決権を持つ51人の組合員のうち、27人が反対し、否決されたということです。

受け取りに反対する組合員の橋本久男さんは、「補償金を受け取れば原発の建設を認めることになり、否決できてほっとしている。今後も絶対に受け取らない」と話していました。
一方、賛成した81歳の男性は、「年を取り生活も厳しくなっているので、補償金は受け取りたい。今回の結果は残念だ」と話していました。
山口県漁業協同組合の村田則嗣常勤監事は、「決定は尊重するが、受け取りたいという組合員がいる以上、要請があれば今後も必要な手続きを行う」と話しています。

山口朝日放送 山口・上関原発計画を巡る漁業補償金 、祝島は配分案を否決
http://www.yab.co.jp/news/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E3%83%BB%E4%B8%8A%E9%96%A2%E5%8E%9F%E7%99%BA%E8%A8%88%E7%94%BB%E3%82%92%E5%B7%A1%E3%82%8B%E6%BC%81%E6%A5%AD%E8%A3%9C%E5%84%9F%E9%87%91-%E3%80%81%E7%A5%9D%E5%B3%B6%E3%81%AF%E9%85%8D/

上関原発計画に伴う県漁協祝島支店の補償金受け取りについてです。組合員が投票した結果、補償金の配分案は反対多数で否決されました。
集会では、漁業補償金およそ10億8000万円の配分案について、祝島支店の組合員がそれぞれの考えを書面で表しました。
★浅野記者リポート「総会の部会が続く中、外では反対派による集会が続いています」
原発反対派は「補償金を受け取れば、原発建設への動きが加速してしまう」と、抗議の声を上げます。集会はおよそ1時間で決着がつきました。
★終了時の様子「バンザ〜〜イ」「ご苦労さん!ご苦労さん!」
反対多数で配分案は否決されました。
★県漁協 祝島支店 岡本 正昭 運営委員長「私たちの主張が通ってひとまずは安心している。これからも自分の意思を固く持ってがんばりたい」
補償金を巡る動きは、去年もありました。このときは、反対派が「仮処分申し立て」という手段で対抗していて、書面での採決を禁じる判断が出ました。
去年に続く攻防ー。反対派の意思表明が印象付けられた形です。
★県漁協 本店 村田 則嗣 常勤監事「本店が主体的にどうすべきとか、どうしたらとか、という立場では基本的にはないと思っています。将来的にこの問題はすぐに片付くとは思っていないし、そういう面では、当面お預かりする状況が続くのかなと考えている」
posted by 村のトイレ屋 at 20:22| 山口 | Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

残念、却下。明日は8時半、柳井事業所前に。



DSC_2030.JPG


DSC_2037.JPG

DSC_2028.JPG


写真は、山口地裁下関支部前で。

上関原発を建てさせない県民連絡会からの呼びかけ

3月24日,清水さんから提起された祝島支店の総会の部会の件、3月26日10時から山口地裁下関支部で行われた仮処分審尋の結果は、先ほど結果が出され、却下でした。
従って、総会の部会は明日不当にも開かれる模様です。

〜〜〜〜〜〜〜
中村覚弁護士のコメント 昨日の山口地裁下関支部の却下について
【ご報告】
祝島の漁業補償金の配分基準を決めるための総会の部会の開催禁止を求めた仮処分は残念ながら却下されました。
しかし決定では、総会の部会で漁業補償金の配分基準を決めることができると明確に認めたわけではありません。決定では、「本件部会では、漁業補償金の分配基準が議案とされており、これが少なくとも文言上は「漁業権又はこれに関する物権の設定、得喪又は変更」に直接当てはまらないことを踏まえると、本件部会の開催が、債権者らの共益権を侵害するものと解する余地がある。」としています。
しかし明日が総会の部会なので、裁判所が時間的に十分な審理を尽くすことができないとしています。つまり、3月27日の総会の部会が違法である可能性を裁判所も認めています。
山口県漁協は、裁判所の上記指摘を真摯に受け止めて、3月27日の総会の部会の開催を当面中止するよう求めます。
〜〜〜〜〜〜

祝島の組合員のみなさんを激励に集まりましょう。
何度も乗り越えてきた危機、これをはねのけるところに勝利があります。
漁業補償金で卑劣な分断と籠絡を繰り返す山口県漁協に抗議弾劾の声をあげましょう。
総会の部会は、午前9時からです。8時半をめどに集まってください。

場所は、柳井港から由宇よりに行ったところです。
山口県漁協柳井事業所 TEL0820-22-0696 柳井市柳井12−8
橋本久男さんは、今日午前、下関支部前で、「数はおさえているから」と語っていました。
全力で拡散、呼びかけをお願いします。

山口県漁協柳井事業所地図.JPG

--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 17:59| 山口 🌁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

チラシ配付

DSC_2000.JPG

DSC_1998.JPG

いつもより受けとる人が多かった。
宇部井筒屋前で。

不思議だ。
2週間前とは、受け取り方が全然違う。
80%近くの人が受け取ってくれる。
この2週間の間になにがあったのか。

春になって暖かくなってきた。手を出しやすい
 でも、昨日はとても冷え込んだ。

3・24集会が近づいて関心が高くなった
 そうだとうれしい。

街頭の安倍政権批判のチラシを読みたい空気が大きくなっている。
 森友学園問題のヒートアップと世論の変化。
 だれかどこかで試してほしい。

ある人は、安倍退陣の号外を期待しているのではなかろうか、と言っていた。

--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 13:58| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

山口県の七不思議、漁協が原発推進。抗議をお願いします。

山口県には、不思議なことがいくつかある。

2月4日に行われた県知事選挙、自民党籍を持つ現職・村岡嗣政氏に投票した人の70%が、実は、上関原発には反対だったと言っている。(NHK,出口調査)。村岡知事は、2016年8月3日、上関町田ノ浦の公有水面埋立の中電からの申請を許可している。ここには、火力発電者ができるわけでも、海の自然博物館ができるのでもない。はっきりと原発ができるとされている海なのだ。

さて、他にも不可思議なことが多々あるが、
きれいな海で有名な瀬戸内海、内海の宝庫、そこで恩恵を受けている漁業関係者が、
原発を推進する立場であるとは、ちょっとありえないことではなかろうか。
それが、みんなの海を守ろうという人々の切り崩しの先頭にたっているのだ。

上関原発の予定地の目の前、原発ができれば、朝日ととともに原発建屋をみることになることを想像してほしい。そこに住んでいる人たちが、原発に反対し、生業である漁業と海を守ることは当然なことだ。まっとうなことだ。だから、祝島漁協は、未だ一銭の漁業補償金を受け取っていない。
それを、受け取って原発推進の側にまわれと言っているのが、
山口県漁協本店なのだ。漁業組合が、そんなことをしていいのか。

しかも、福島の原発事故の前ならいざ知らず、事故が一度起こり、福島や沿岸の漁業に大打撃を与え、未だに何の収束もできず、放射能汚染を海へ垂れ流しているのだ。
これを瀬戸内と周辺にあてはめてみれば、漁業、農業の壊滅、飲料水、工業用水は一切使えずコンビナート地帯は全滅だ。奇跡の海と呼ばれる田ノ浦周辺だけでなく西は下関から東は広島・岡山を経て大阪和歌山まで影響が及ぶ。

2011年3月11日の福島の原発事故のとき、どれほど多くの関係者が、30年間にわたって原発を止めてきてくれた祝島の島民のみなさんに感謝したことか。本心からいえば、県漁協の幹部のみなさんが一番、胸をなでおろしたのではないか。「山口に原発がなくてよかった、瀬戸内につくらないでよかった」と。

3月24日の上関原発を建てさせない県民集会を前にして、3月27日またもや補償金を受け取らせる動きを見せてきた。
3月27日 柳井港近くの県漁協柳井事業所 抗議行動に参加してほしい。
そして、同時に以下の呼びかけに応えて、抗議の声を届けてほしい。

詩人のアーサービナードさんがよく言ううように、私たちは中国電力を敵としたいわけではない。愛しているからこそ、原発を止めてほしいのだ。
ましてや、地域の中心、瀬戸内の海の守り手、漁民と漁民の組合、漁協を絶対に敵にしたいわけではない。、海を守り、海の恩恵を一緒に享受したい。

山口県の七不思議、ひとつでも減らしてまっとうな地域になることを願ってやまない。

参考 上関原発を建てさせない祝島島民の会 ブログ
http://blog.touminnokai.main.jp/

抗議ファックスの呼びかけ
島民の会から皆様へお願いがあります。

山口県漁協へ抗議・申し入れ文を送ってください。
郵送・FAX・メール・電話、何でも構いません。

26日月曜日午前中までに着くようにお願いします。
また、ご自分のホームページ・ツイッター・フェイスブックなどで表明いただき、これを拡散いただけると幸いです。

山口県漁業協同組合
750-0065
下関市伊崎町1丁目4-24
tel:083-231−2211(代)
fax:083-231−6466


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜









posted by 村のトイレ屋 at 10:52| 山口 ☁| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

鶏の平飼いの条件、イタチがいないことは大きい

メモ

鶏の平飼いについて、こんな記録をしていた。

鶏のイタチ対策、60センチせめて40センチ
http://atta-an.seesaa.net/article/18166151.html
〜〜〜〜〜〜
それで、小田さんには、ハウスの作り方と管理を教えてもらった。
簡単にいえば、地面からイタチが侵入しないように、
鉄板(トタンで可)を地面から60センチの深さまで埋めておくことだ。
40センチでもいいそうだけれど、安全なのは60センチだそうだ。
このあたりのことは、本やネットに出てくるが、
実物を見ながらの説明だったので、作り方も含めてよくわかった。

〜〜〜〜〜〜

祝島や八島など瀬戸内の島には、イタチやキツネがいないそうだ。
イノシシは、最近増えたという。泳いで渡るという。
小田さんが教えてくれたイタチ対策などがまるで不要になるのは、大きい要素だ。

鶏については、タイの農山村が進んでいると思う。
こんな記事を書いている。

鶏は、なぜ朝早くから鳴くのだろう
http://atta-an.seesaa.net/article/77628570.html

でも、しかし、
平飼いは、放牧もすべて同じだけど、放射能汚染にはもっとも弱いのだ。
全滅する。日本では、このことの覚悟がいる。小規模の一次産業でも原発ゼロ法は必須の条件だ。
若い人に勧めるのであれば、タイの農山村へ移住かもしれない。






posted by 村のトイレ屋 at 10:30| 山口 ☔| Comment(0) | 山羊・羊とチーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

「安倍政権の崩壊はいつになるのか?」


山口県に住むようになって、驚いたことのひとつは、政治論議をする人の多いことだ。
しかも、議論はかなり激しくなる。激しくなるが、国会議員6人は全員自民党だ。
でも、これで驚いていてはいけない。
2月4日投開票の県知事選挙、現職に投票した人の70%の人が上関原発には反対と答えているのだ。(NHK,出口調査) どこかで心理的に複雑骨折を起こしているのか、さまざまな別の要因があるのだろう。

それはさておき、
商店街の某所で聞いた話。

「財務省の書き換え、改ざん、安倍さんも終わりだね」
「最後のばくちに総選挙という手はどうだろうね」
「もう使えないだろう、去年は、昭恵隠しで北朝鮮情勢を使えたからね、
今度は、米朝首脳会談があるというから、雰囲気、無理ね」
「また、何か探してくるんでないの、あの人か、あの人のブレーンは」
「でも難しいと思うよ。なぜなら、公明党がもたないし、自民党だって、もうだめだろう」
「そうかなあ、案外、突然、原発ゼロ、再稼働止めるとか言い出すと面白いけれどねえ、ほら小泉進次郎とか引っ張り込んで」
「そうかなあ、原発を真面目に取り上げたら、福島は終わっていないことがばれて、今度は財務省どころか経産省が矢面にたって、火の車になって、逆になるかもよ。オリンピックどころではなくなるよ。原発では事故が起こってどれだけごまかしているか、8億や10億の単位ではないからね。兆だよ、兆。福島の放射能は今でも危険です、というだけで政権は吹っ飛ぶよ」
「そうかなあ、いい方法と思うけれどなあ」

この議論、私も加わって何か言いたかったけれど、時間がなくて立ち去った。
それにしても、安倍政権はいつ倒れるのだろう?という話が巷に出始めたことはメモしておこう。

これからの問題は、先の民主党政権のときの教訓を今、生かせるかどうかだ。
政権交代に、はしゃぎすぎて、多くのことができていない。
誰を頼るのもでもない、一人ひとりの市民の力で、声を形にして、原発ゼロ法を一日もはやく成立させたいものだ。


posted by 村のトイレ屋 at 14:10| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

華やかに春が 逍雲堂美術館

DSC_1922.JPG


DSC_1924.JPG


中国伝統書画展

今年も開かれています。
3月8日から25日まで。
月、火、水は休みです。

逍雲堂2018.JPG





--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 10:59| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする